行政書士を本業で開業するか副業で開業するか?

行政書士で収入を得るといっても、完全に独立して収入を得る場合と、サラリーマン若しくは他の業種をしながら副次的に収入を得る場合があります。

このどちらかを選択するかによって、開業に対するスタンスが大きく変わってきます。

行政書士を本業にするのであれば、行政書士で稼いだ収入で生計をたてていかなければなりません。

これに対して、行政書士はあくまでも副業で副次的に収入があれば良いならば、本業で入る収入にプラスアルファの収入でいいことになります。

この記事では、行政書士を本業で開業するか副業で開業するかについて解説していきます。

解説は現役の行政書士がします。

行政書士を本業で開業するか副業で開業するか?

行政書士を本業で開業するか副業で開業するか

行政書士を開業する場合、本業で開業するか?副業で開業するか?どちらの方がいいのでしょうか?

これらの問いに対して、以下の項目で解説していきます。

・本業として行政書士で開業する(専業行書士)

・副業として行政書士を開業する(副業行政書士)

。ハイブリット起業

本業として行政書士で開業する(専業行政書士)

本業で開業で起業する場合、今ある仕事を辞め、退路を断って行政書士1本で生計を立てる必要があります。

専業行政書士として生計を立てるには、開業からすぐ顧客をとって売り上げを作っていかなければなりません。

そのため必ず必要になるのが、少なくとも半年分の生活費とマーケティングのノウハウとなります。

なぜ、マーケティングのノウハウが必要になるのかというと、仕事をとるためには自分を売り込まなければならないからです。

行政書士は現在では5万人足らずの登録者がおり、供給過多産業とされています。

数ある行政書士から自分を選んでもらいためには、自分を売り込むマーケティングのノウハウが必須となるのです。

マーケティングに関しては様々な書籍が販売されていたり、セミナーも頻繁に開催されています。

もし、まだどこか努めていて退職前であれば、先ずはマーケティングの勉強から始めることをお勧めします。

これらのノウハウがあれば、行政書士を開業と共に、売り上げをつくっていくことも可能となります。

副業として行政書士を開業する(副業行政書士)

意外と多い副業行政書士

実際に行政書士登録をしてみればわかると思いますが、何か本業を持ちながら副業として行政書士をしている方は数多くおられます。

その中でも、本業をしながら徐々に顧客を開拓し、行政書士として完全に独立することを目標とした方もおられます。

いきなり、今ある本業を辞め行政書士1本に絞るのではなく、リスク分散をしながらサブからメインへと切り替えていく方法もあるのです。

リスクをかけて開業するよりも、ジャブ気味に行政書士を始めたい場合は、この副業行政書士がお勧めとなります。

メリットとデメリット

メリットとデメリット
始めから行政書士を本業とするスタンスの場合、デメリットとしては短期間の内に実務やマーケティングをこなさなければならないことが挙げられます。

何の経験もなく退路を断って始めるわけですから、かなり熱量が必要になります。

メリットとしては、その熱量をかけたらかけた分だけ還元されるで、利益の享受が早いことが挙げられます。

また、それとは逆に副業として始めた場合は、利益の享受が遅くなります。

遅くなる分、いつになったら行政書士として飯が食べれるようになるのかなど、悩みの種も増えます。

こういったメリット、デメリットを含めどういった計画をもって開業するのか、よく考えてみましょう。

ハイブリット起業

私の場合は、本業があったために、そこまで行政書士に熱量を使うことができなかったということもあり、副業行政書士から始めました。

これは私の持論なのですが、士業というのは飯が食えるようになるのには人によって遅い早いはあれども、長らくやっていれば飯は食えるようになるものです。

特別な事をしなくてでもです。

行政書士の交流会で、「私は飯が食えるようになったのに10年以上かかった」とおっしゃられる方にも少なからずお会いしますが、これは10年以上事務所続けていたからこそ、飯が食えるようになったのです。

行政書士事務所は、続ける事に価値があるのです。

私は今でもその仕事を続けていますが、行政書士の仕事も徐々に忙しくなってきたので、どちらも同じぐらいの熱量を分散して行っています。

いわゆる本業にも副業にも区分されない「ハイブリット」です。

ひと昔前では、本業1本に力を注ぎこまなければならない風潮がありましたが、現在では多種の仕事を並行しながらやっていくことが主流となってきているのです。

ハイブリット起業とは、つまり、数あるうちの収入減の一つにするという開業方法なのです。

行政書士試験に合格したら、とりあえず開業

上述したように、様々な開業方法があり、無理をしないでより開業方法もあります。

行政書士試験に合格したら、どういう形であれ、とりあえず開業をしましょう。

開業するのには資金がかかるじゃないか?と思われる場合もありますが、行政書士は、他事業よりも開業資金が少なくする業種でもあります。

さらに格安開業スタートする方法もあります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

行政書士事務所の開業費用はいくら?【格安開業でスタート】

2022年7月10日

行政書士試験を合格しただけで開業しないでずるずるしていると、せっかくの宝の持ち腐れになります。

また、開業しなければ見えてこない景色もありますので、とりあえず開業をすることをお勧めします。

関連記事



スポンサーリンク