会社設立を代行してもらうメリット【無料相談あり】

自分でも会社設立はできないわけではありません。

しかし、報酬を払ってまで行政書士に会社設立の代行を依頼するメリットとは何なのでしょうか?

それは、煩雑な会社設立の手続き、営業の許認可の取得をプロに任せ、あいた時間で開業にむけて本業に力を入れれるという利点があります。

 

また、ツイートしたように、事業計画など現実的に考えるとプロに代行してもらった方が結果的によい場合があります。

ここでは、会社設立を専門に活動している行政書士が、それらのメリットについて詳しく説明していきます。

会社が設立されるまでの流れ

会社設立を大まかな流れをいいますと、

①会社の定款という書類を作成し、


②作成したその定款を法務局で登記をすると


③会社が設立します。

>>参考:会社設立の手続きの流れと必要書類とは?

 

会社設立を代行してもらうメリット

当行政書士事務所に代行してもらうメリットとは、

  • 税理士と顧問契約をしなくても依頼ができる
  • 業種によっては国や地方自治体の許認可が必要なものもあり、会社設立と合わせて依頼できる
  • 電子定款に対応している

などが上げられます。

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

税理士と顧問契約をしなくても依頼ができる

先ず、「税理士と顧問契約をしなくても依頼できる」ですが、ネットで調べていただけるとお分かりになるかと思いますが、0円で会社を設立するといったサイトがかなりヒットするかと思います。

これらの多くは、会社を無料で設立する代わりに、税理士事務所と高価で顧問料を支払い顧問契約しないといけないといったものがほとんどです。

少し考えればわかると思いますが、無料の物は他で採算が合うようにつくられています。

ただより怖いものはないといいますが、かえって費用が高くつく場合も度々です。

もちろん、当事務所でも提携を結んでいる税理士がいますので、ご要望があればご紹介させていただきますが、無理矢理ではありません。

 

業種によっては国や地方自治体の許認可が必要なものもあり、会社設立と合わせて依頼できる

例えば許認可で代表的な例を言いますと建設業許可があります。

建設業は許可を取るのに様々な要件があり、許可をとるために会社の定款などをそれ用に作成しなくてはなりません。

当事務所以外で依頼した場合、最悪、その許可を取るために再度会社の定款変更などを余儀なくされるケースもありますので、そうなった場合は手間も費用も余分にかかってしまいます。

行政に申請する許認可は行政書士の独占業務となっておりますので、それに精通する行政書士に初めから許認可とセットで依頼された方が安心できるかと思います。

>>参考:なぜ会社設立しただけでは駄目なのか?

 

電子定款認証に対応している

従来の紙に定款認証では印紙代4万円が必要でしたが、電子認証では紙媒体を必要とせず電子化処理によるオンラインン認証を行うので、この4万円が不要になります。

弊所ではこの電子定款認証に対応していますので、△4万円と大幅なコストが削減できます

それなら、個人で電子認証制度を活用すればよいとお考えの方もいらっしゃるかも知れませんが、電子認証を行うためには、カードライタ・リーダの機材や電子署名を行うための定款のPDF化に必要なソフトウエア等が必要です。

しかも、その必要金額は、紙の定款認証費用の4万円をはるかに超える金額になります。

 

知識や経験のない方が電子認証手続きを行う事は、以上のような機材等の購入経費の他に、煩雑な業務を行わなければならないので、会社経営のもっとも重要な要素として挙げられる費用対効果の面からも決して得策とは言えません⇒アカツキ法務事務所に設立代行を依頼する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。