経営事項審査(経審)の手続き

経営事項審査(経審)の手続き

若年の技術者および技能労働者の育成および確保の状況(W9)とは-経営事項審査(経審)における社会性等

若年の技術者および技能労働者の育成および確保の状況は、平成27年4月1日以降に追加された評価項目です。 技術者職員名簿に記載できる技術者のうち、満35歳未満の者の在籍状況により評価されます。 それでは、詳しく見ていきまし…

経営事項審査(経審)の手続き

建設機械の保有状況(W7)とは-経営事項審査(経審)における社会性等

建設機械の保有状況は、ショベル系掘削機やブルドーザーなどの建設機械を保有している場合や、1年7ヶ月以上のリース契約で使用している場合に、その台数に応じて評価されます。 評価されるには、保有しているだけでなく特定自主検査を…

経営事項審査(経審)の手続き

建設業の経理の状況(W5)とは-経営事項審査(経審)における社会性等

現行の経営事項審査では、虚偽申請が行いにくいことを目的として制度設計されましたが、建設業の経理の状況は、まさに決算書の偽造にかかる虚偽申請を防止するために設けられたといえます。 この建設業の経理の状況では、「監査の受審状…

経営事項審査(経審)の手続き

労災上乗せ(法定外労働災害補償制度)とは-「経営事項審査」労働福祉の状況(W1)

労災上乗せ(法定外労働災害補償制度)とは、政府が行っている労働災害補償制度(以下、政府労災)に上積みして労災補償を厚くする役割があります。 通常の政府労災は、労働者が業務上の事由または通勤途中に負傷したり、病気に見舞われ…

経営事項審査(経審)の手続き

労働福祉の状況(W1)の退職一時金または企業年金制度の導入とは【経営事項審査】

以前は、退職一時金と企業年金制度は別々の評価項目となっていましたが、現行では統合され、どちらか一方の制度が設けられていれば加点されるようになっています。 配点は150点となり、「労働福祉の状況(W1)」の中の評価項目とな…

経営事項審査(経審)の手続き

労働福祉の状況(W1)「建退共」とは-経営事項審査(経審)における社会性等

労働福祉の状況(W)にある、建設業退職金共済制度(以下、建退共)とは、独立行政法人勤労者退職金共済機構と退職金共済契約、つまり加入をすれば加点が貰えます。 この退職金共済契約とは、建設現場で働く労働者を被共済者として、そ…

経営事項審査(経審)の手続き

労働福祉の状況(W1)「社会保険加入の有無」とは-経営事項審査(経審)における社会性等

労働福祉の状況では、建設業者が本来行うべきことができているかどうか問われます。 本来行うべきこととは、雇用保険の加入をはじめ社会保険や建退共に加入されているかどうかです。 労働福祉の状況(W1)では、これらを含め6項目あ…

経営事項審査(経審)の手続き

技術職員数(Z)とは?技術職員の資格と要件-経営事項審査(経審)における社会性等

技術職員数の評価は、技術職員名簿に記載された一定の建設技術系国家資格保有者と実務経験者の数により決まります。 当然ながら、技術職員数が多ければ多いほど評点が上がりますので、入札に有利になります。 ですから、資格保有者には…

経営事項審査(経審)の手続き

防災活動への貢献の状況(W3)とは-経営事項審査(経審)における社会性等

防災活動への貢献の状況では、申請者が官公庁と防災協定を締結しているかどうかみられます。 防災協定とは、災害時における防災活動について、申請会社が国や地方公共団体等の間との協定を指します。 これら協定は公共団体と直接締結す…

経営事項審査(経審)の手続き

経営事項審査(経審)の自己資本額および平均利益額(X2)の評点をアップするには?

経営規模等の各評点(X1、X2、Z、W)と経営状況(Y)の評点に一定の係数をかけて得たものが「総合評定値(P)」になります。 その経営規模等のは完成工事高(X1)、自己資本額および平均利益額(X2)、技術職員数および元請…

経営事項審査(経審)の手続き

監理技術者講習と基幹技術者講習について詳しく説明【経営事項審査の社会性】

公共性のある施設、工作物や多数の者が利用する施設、工作物に関する重要な建設工事については、工事現場ごとに専任でなければならないと規定されています。 その際には監理技術者資格者証と監理技術者講習修了証を所持する必要がありま…

経営事項審査(経審)の手続き

虚偽申請防止対策の強化について詳しく説明【経営事項審(経審)】

大阪府では、経営事項審査(経審)の完成工事高、技術職員数、経営状況分析などの内容に疑義がある場合は、必要に応じて関係資料の提示を求めたり、営業所への立入調査を実施することがあります。 今までも大阪府、地方整備局共に、これ…

経営事項審査(経審)の手続き

【経営事項審(経審)】経営規模等評価申請の概要と申請に必要な書類とは?

経営事項審査とは、「経営状況分析申請」と「経営規模等評価申請」を合わせていいますが、ただたんに経営規模等評価申請だけを経営事項審査(経審)とも呼びます。 つまり経営事項審査のメインがこの経営規模等評価申請にあたります。 …

経営事項審査(経審)の手続き

公共工事に必要な入札参加資格審査申請(指名願い)について詳しく説明

入札参加資格審査とは、公共工事の入札の際に、あらかじめ入札者が契約対象者としてふさわしいかどうか審査することを言います。 このため、公共工事の受注を元請で希望の建設業者は、必要な申請書類を提出して審査を受け、入札参加資格…