経営事項審査(経審)

経営事項審査(経審)

監理技術者講習と基幹技術者講習について詳しく説明【経営事項審査の社会性】

公共性のある施設、工作物や多数の者が利用する施設、工作物に関する重要な建設工事については、工事現場ごとに専任でなければならないと規定されています。 その際には監理技術者資格者証と監理技術者講習修了証を所持する必要がありま…

経営事項審査(経審)

【経営事項審(経審)】経営規模等評価申請の概要と申請に必要な書類とは?

経営事項審査とは、「経営状況分析申請」と「経営規模等評価申請」を合わせていいますが、ただたんに経営規模等評価申請だけを経営事項審査(経審)とも呼びます。 つまり経営事項審査のメインがこの経営規模等評価申請にあたります。 …

経営事項審査(経審)

公共工事に必要な入札参加資格審査申請(指名願い)について詳しく説明

入札参加資格審査とは、公共工事の入札の際に、あらかじめ入札者が契約対象者としてふさわしいかどうか審査することを言います。 このため、公共工事の受注を元請で希望の建設業者は、必要な申請書類を提出して審査を受け、入札参加資格…

経営事項審査(経審)

経営事項審査に必要な「経営状況分析申請」と「経営状況分析結果通知書」

経営状況分析の申請は、国土交通大臣の登録を受けた登録経営状況分析機関に対して行います。 どの分析機関に申請するかは申請者が自由に選択できます。 分析料金やサービス内容も各社さまざまなので、自社にとって最も適合している分析…

経営事項審査(経審)

経営事項審査の工事経歴書の作成方法と作成時注意しておかなければいけないこと

工事経歴書とは、建設業許可の新規申請を行う際の添付書類や決算変更届、経営事項審査の添付書類として提出が必要となる重要な書類です。 今回は経営事項審査の添付書類としての工事経歴書について、詳しくで説明していきます。 工事経…

経営事項審査(経審)

大阪府で経営事項審査(経審)を申請するには-通知受取りまでの流れを解説

経営事項審査(経審)とは、公共工事を発注者から直接請け負おうとする建設業者が必ず受けなければならない審査です。 この審査は、審査基準日(決算日)現在の経営状態・経営規模について、客観的事項と主観的事項の評価を受けるもので…