建設業許可の申請手続き

建設業許可の申請手続き

建設業許可の委任状の注意点【大阪府知事許可で委任状が必要なケース、必要のないケース】

建設業許可、更新、変更届、経審を申請する場合、本人申請以外の場合は必ず委任状が必要になります。 委任状が必要にもかかわらず、なければ窓口で申請書を返却されていまいます。 これは委任状の内容に不備があった場合も同様です。 …

建設業許可の申請手続き

一人親方が建設業許可を取得するには?【よくある質問に答えてみました】

「今まで一人親方で建設業を営んできたのだが、建設業許可を取得できるのか?」という質問が多く寄せられます。 もちろん一人親方でも、建設業許可の要件がクリアできれば、建設業許可は取得する事ができます。 ここでは、その一人親方…

建設業許可の申請手続き

建設業許可がいらないケースとは?【建設業許可は必ずしも必要ない】

昨今では「元請から建設業許可業者じゃないと仕事をまわせない」や「建設業許可業者じゃないと銀行から融資が下りない」などを理由に、建設業許可を取得する業者様も増えてきております。 しかしながら、建設工事をするのに必ずといって…

建設業許可の申請手続き

建設業許可の一般と特定の違いとは?【特定要件は一般要件よりさらに厳しい】

建設業許可は一般建設業と特定建設業の2種類に区分されています。 これら一般建設業と特定建設業の大きな違いは下請けに出すことができる金額となります。 特定建設業の方が大きな金額を下請け出すことができるのです。 しかし、特定…

建設業許可の申請手続き

建設業許可申請手続きで必要な営業所の写真の撮り方【大阪府知事許可】

営業の写真は、建設業許可の新規申請、更新申請、営業所の変更届で必要になります。 営業所の写真は、大阪府知事許可の実務ではかなり細かい規定が決められており、申請時に補正対象になりやすくなっています。 ここでは補正対象になら…

建設業許可の申請手続き

大阪府知事許可の新規取得をお考えの方必見!建設業許可の一式工事・専門工事29業種とは

建設工事は土木一式工事と建築一式工事の2つの一式工事と27の専門工事に分類され、それぞれに応じられています。 どの業種をやりたいかで許可の種類も変わってきます。まずは一覧をチェックしてみましょう! 建設工事の種類と業種 …

建設業許可の申請手続き

建設業許可の大臣と知事の違いとは-大臣許可のメリット・デメリットも併せて説明

建設業許可には知事許可と大臣許可があります。 この違いは営業所によるものです。 例えば、大阪府下の営業所のみで営業する場合は、大阪府知事許可になりますが、他府県にも営業所を置く場合は国土交通大臣許可となります。 それでは…

建設業許可の申請手続き

【大阪府知事許可】建設業許可の取得方法とは-許可申請最初でつまづくなかれ!

建設業は独立・開業する方が多く、年齢など関係なく若い方も一国一城の主として活躍されている方も多い産業です。 経営をしていく上でも環境が整っている産業でもあるので、他の産業から比べると産業でもあると思います。 建設業で独立…

建設業許可の申請手続き

建設業許可の欠格要件と誠実性とは-大阪府で建設業許可を取得するのに必須要件

大阪府で建設業許可を取得するのに必須要件となっている「欠格要件と誠実性」というものがあります。 大阪府が許可をだすのに審査している要件が大きく分けて5つありますが、そのうちの1つの要件となります。 許可を取得するためには…