建設業許可の委任状の注意点【大阪府知事許可で委任状が必要なケース、必要のないケース】

建設業許可、更新、変更届、経審を申請する場合、本人申請以外の場合は必ず委任状が必要になります。

委任状が必要にもかかわらず、なければ窓口で申請書を返却されていまいます。

これは委任状の内容に不備があった場合も同様です。

え?本人申請て何?

委任状の内容はどう記載されていないといけないの?

などの疑問にお答えして、今回はこの委任状について詳しく説明していきます。

大阪府知事許可の委任状

委任状については、各都道府県によってローカルルールがあると思いますが、ここでは主に大阪府知事許可の委任状についての説明となります。

それではまず、委任状が必要のないケースと必要なケースについて見ていきます。

委任状が必要のないケース

委任状が必要のないケースは本人申請の場合です。

本人申請とは、申請会社の役員や従業員の方が、直接申請する場合です。

この場合は、本人確認として

  • 運転免許所
  • 健康保険所
  • パスポート
  • マイナンバーカード

などの身分証の提示が必要になります。

委任状が必要なケース

委任状が必要なケースは代理人申請の場合です。

申請会社の役員や従業員でない方が、申請する場合がこれにあたります。

この場合は、申請会社が押印した委任状が必要になります。

委任状がない場合や、委任状に不備がある場合は受付はおろか、書類の審査すらしてくれません。

※行政書士でない方が、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類を作成することを業とすることは行政書士法違反となります。

個人事業主

個人事業主の場合は個人事業主以外の者は委任状が必要になります。

委任状の記入例

委任状の委任例としましては次のようになります。

委任状

私は、下記1の者を代理人と定め、下記2の権限を委任します。

1  代理人

住所
氏名
(行政書士会登録番号 )
電話

2 大阪府知事の建設業許可にかかる【各種申請】【各種変更届】【経営事項審査申請】における、

  • 申請(届出)書類を作成、提出、補正解消、取下げ等の権限
  • 上記許可等に関する通知書、副本等を受領する権限
  • それらに関する一切の権限

 

年 月 日

営業所所在地
委任者 商号又は名称
代表者氏名           印

委任状の注意点

  1. 委任の内容及び範囲について、できる限り具体的に記載する。
  2. 代理人が行政書士である場合は、行政書士会登録番号を記載する。
  3. 申請書等の正本に委任状の原本を添付し、副本に委任状の写しを添付する。申請書等が複数 にわたる場合は、各々の申請書等に委任状を添付する。なお、複数の申請書等を同時に提出する場合は、その内1通の正本に委任状の原本を添付し、他の正本に委任状の写しを添付することを可とする。
  4. 行政書士にあっては行政書士証票(申請書等の提出を行う者が代理する行政書士又は行政書士法人の補助者である場合は、補助者証)、その他の代理人にあっては運転免許証、健康保険証、外国人登録証明書、住民基本台帳カード等を提示する。

その他の注意点

委任状には申請会社または個人事業主の押印が必要となりますが、各建設業許可の申請書や変更届の印と同じ印を押印するようにしてください。

委任状と申請書の印が違うと、やはり受付はしてくれません。

スポンサーリンク










専門の行政書士に質問!?なんでも相談室


建設業許可、経審の申請書類作成は非常に煩雑…

申請書の作成には専門家のアドバイスが必要なことも…

そんなお困りの方のために当サイトでは、

建設業許可、経審に関してなんでも相談できるように、

コメントを設置しております!


専門の行政書士に質問!?なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

代表行政書士の川端隆広です。 アカツキ法務事務所では大阪府下を中心に建設業許可・経審申請の支援サポートを行っております。大阪府下でしたら無料出張相談を承っています。お見積ご検討後、ご依頼に至らない場合も無料ですので、お気軽にご相談ください。