更新は5年に1度!うっかり「建設業許可」の有効期限が切れてしまったら

建設業許可を取得した後に、事業も軌道にのり、忙しくなってきたころにやってくる更新手続き。

せっかく、事業を軌道にのせたのに、許可が失効し事業計画の修正を余儀なくされる・・・ようなことになったら目も当てられません。

そうなんです。

建設業許可には更新というものがあるのです。

しかし、一言に更新といっても、許可の有効期間は?更新手続きはいつからいつもでしないといけないの?など、期限について様々な疑問が生じてくるかと思います。

この期限てすごく重要なことなんですよ。

日にちがずれるだけで、最悪許可が失効してしまうこともあるのです。

今回はそんな疑問に答えるべく、期限の疑問について詳しく見ていくことにしましょう。

建設業許可の有効期間はちょうど5年

建設業許可の有効期間はちょうど5年で切れます。

つまり、許可を受けた日から5年目の許可日に対応する日の前日をもって満了となります。

これは前日が土日祝日で官公庁が休みでも、この期日には影響しません。

建設業許可
つまり、5年目の許可日に対応する日の前日が土日祝日で官公庁が休みの場合は、その前日や前々日の平日の官公庁が営業している日までに更新の手続きを済ませなくてはなりません。

期限が過ぎれば

有効期限が過ぎれば有効期間の満了とみなし、許可は自動的にその効力を失います。

有効期間中には、一部または全部の許可を返上するための「廃業届」というものがありますが、期間満了時にはこの廃業届を出すまでもなく許可は失効します。

許可を失ったあとは、許可が必要な500万円以上(一式1,500円以上)の請負契約を新たに結ぶことはできません。

※有効期間満了前に締結した請負契約にかかる建設工事については、許可の失効後も工事の完成までは施工することができます。

更新の手続はいつからいつまで

許可の有効期間の満了後も引き続き建設業を営もうとする場合には、期間が満了する日の30日前までに許可の更新の手続きをとらなければらならいのですが、この30日前までというのは法律上の期限となり、実務上では各地方自治体によります。

大阪府知事許可の場合は有効期限が切れる日の3ヶ月~有効期限満了日までとなります。

そして、期間満了までに許可の更新の手続きをとっていれば、有効期間の満了後であっても従前の許可が有効となります。

つまり、何十年も営業している建設業者がずっと同じ許可番号なのは更新を続けているということなのです。

有効期限が切れれば

建設業許可
許可の更新をしないで、有効期限が過ぎれば許可は失効します。

そのため、引き続き建設業を営もうとする場合は更新の忘れは命取りになります。

更新を忘れた場合は、新規で許可を取り直さなくてはなりません。

つまり、許可が失効した日から、新たに許可を取得する日までは許可が必要な建設工事の請負契約は結べなくなるのです。

許可番号はどうなる?

一度許可が失効した後に、再度新規で許可を取得した場合、許可番号は引き継ぐことができません。

新たな番号になります。

許可を2週間延長?

更新の手続きを忘れていた・・・

どうしよう・・・

慌てないでください。

当事務所では秘策があります。

大阪府知事許可では、許可の満了日に仮受付というものをすれば、2週間申請期間を延長する事ができるとされています。

この制度を利用するのです。

ただしこれには、2つの条件があって、

  • その2週間以内に更新申請書の補正を解消すること
  • 2週間以内に補正を解消できなければ、申請料金は返還されないこと

となっています。

この条件をのむことによって、最後の手段「仮受付」ができるようになるのです。

この仮受付はローカルルールとなっていて、広く一般には知らされていません。

つまり、情報が少ないのです。

もし、この制度についてよくわからないなどお困りのようであれば、一度当事務所にお問い合わせください。

経験豊富な専門の行政書士がご対応させていただきます。

▼▼詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから受け付けております

建設業許可

2 件のコメント

    • 大阪府知事許可の場合、仮受付で2週間延長できます。その間に書類を作成できれば更新も可能です。懈怠を起こしている場合は「商業登記簿謄本」、役員の本籍地が遠い場合は「市区町村の身分証明書」が一番時間がかかりますので、それらの取得からまず始めてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。