深夜酒類提供飲食店営業の届出とは

深夜0時以降に酒類を提供する飲食店は、深夜酒類提供飲食店営業の届出が必要になります。本記事では、深夜酒類提供飲食店営業開始届出について解説していきます。解説は食品営業許可を専門としている行政書士がします。

深夜酒類提供飲食店とは

深夜酒類提供飲食店とは、深夜0時以降に酒類の提供をする風俗・性風俗業に該当しない飲食店のことをいいます。

ただし、麺類や丼物を提供し、付随的に種類を提供する飲食店は「深夜酒類提供飲食店」には該当しません。

バー・ダイニングバー・ガールズバー・ダーツバー・居酒屋・立呑み屋・バル等の飲食店が、主たる例となりますが、これらのお店でも午前0時までにお店を閉める場合は、「深夜酒類提供飲食店」には該当しません。

つまり、以下の条件にあてはまれば深夜酒類提供飲食店にあたることとなります。

・酒類をメインに提供する飲食店

・午前0時~午前6時の間に営業する

 

深夜酒類提供飲食店営業の届出

深夜酒類提供飲食店に該当する店の場合は、管轄の警察署に営業の届出をする必要があります。

深夜酒類提供飲食店営業の開始届をするには、先ず以下の要件をクリアする必要があります。

・飲食店営業許可を取得している
・営業が禁止されていない地域である(⇒営業できる用途地域の詳細
・営業所・設備の要件を満たしている

 

深夜酒類提供飲食店営業開始届の必要書類

警察署への届出に必要な書類は以下のものとなります。

書類は正副2通必要になります。

届出を受理されてから概ね10日程度で営業を開始することができます。

・深夜酒類提供飲食店営業開始届出書
・営業の方法
・メニュー表のコピー(酒類のみ)
・申請場所周辺地図
・ビル入居概略図
・平面図(配置、営業所求積図、客室求積図、照明、音響配置図)
・住民票
・賃貸借契約書のコピー
・使用承諾書
・飲食店営業許可証のコピー

 

大阪で深夜酒類提供飲食店営業の届出を依頼する

いかがだったでしょうか?深夜酒類提供飲食店営業開始届についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、深夜酒類提供飲食店営業開始届はもちろん、飲食業営業許可の取得、その他風俗営業許可の取得代行も行っております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

深夜酒類提供飲食店営業開始届では用途地域の要件が必要になります。本記事では、この用途地域の要件について解説していきます。解説は食品営業許可を専門としている行政書士がします。

深夜酒類提供飲食店営業の用途地域

深夜酒類提供飲食店営業の開始届は、用途地域規制がかかっているため、どこでも開業できるわけではありません。

この規制のため、主に以下の商業系用途地域内での営業が求められます。
(※各都道府県の条例で異なる場合があります。)

また、都道府県条例で営業を禁止している地域でも、同じく営業することはできません。

・近隣商業地域
・商業地域
・準工業地域
・工業地域
・工業専用地域

 

用途地域とは

用途地域については、国土交通省のホームページで公表されています。

また、地域の役所に問い合わせれば、気軽に教えてくれます。

用途地域には、全部で以下12種類存在します。

深夜酒類提供飲食店営業が求められるのはこのうちの住居系以外の地域となります。

住居系
・第一種低層住居専用地域
・第二種低層住居専用地域
・第一種中高層住居専用地域
・第二種中高層住居専用地域
・第一種住居地域
・第二種住居地域
・準住居地域

商業系
・近隣商業地域
・商業地域

工業系
・準工業地域
・工業地域
・工業専用地域

 

大阪で深夜酒類提供飲食店営業の届出を依頼する

いかがだったでしょうか?深夜酒類提供飲食店営業の用途地域についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、深夜酒類提供飲食店営業開始届はもちろん、飲食業営業許可の取得、その他風俗営業許可の取得代行も行っております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です