食品衛生責任者とは【飲食店営業許可】

飲食店営業許可を取得する場合、食品衛生責任者の配置が必要になります。本記事では、飲食店営業許可について解説していきます。解説は食品営業許可を専門としている行政書士がします。

食品衛生責任者とは

飲食店を経営する場合、衛生面に対して最大限の配慮が必要になります。

そのため、飲食店営業許可を取得する際は、食品衛生責任者を必ず配置しなければなりません。

食品衛生責任者は、店舗での衛生管理が役割で主に次の事柄を担っています。

・食品衛生面の改善と促進
・食品衛生に関する日進月歩
・従業員への衛生教育

 

食品衛生責任者資格の要件

食品衛生責任者になるためには、以下のいずれかの要件が必要になります。

・指定資格の有資格者
・食品衛生講習会の受講終了者
指定資格の有資格者

栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、と畜場法に規定する衛生管理責任者若しくは作業衛生責任者、船舶料理士、食品衛生管理者の資格を有している場合は、食品衛生責任者になることができます。

食品衛生講習会の受講終了者

上述の資格を有さない場合でも、食品衛生責任者要請講習会を受講すれば食品衛生責任者になれることができます。

 

食品衛生責任者要請講習会

食品衛生責任者要請講習会は、保健所が実施する講習会となります。

講習科目は次の3科目で、1日(10:00~17:00)の受講で終了します。

・公衆衛生学(1時間)
・衛生法規(2時間)
・食品衛生学(3時間)

講習会の開催頻度は月に4回ほどありますので、無理なく受講可能となっています。

大阪の場合、窓口は公益社団法人大阪衛生協会となりますので、くわしくはそちらへお問い合わせください。

 

大阪で飲食業営業許可の取得を依頼する

いかがだったでしょうか?食品衛生責任者についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、飲食業営業許可の取得はもちろん、深夜酒類提供飲食店営業開始届出、その他風俗営業許可の取得代行も行っております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。