行政書士になることは恥ずかしいことなのか?

行政書士になることは恥ずかしい、という意見をたまに目にします。

「行政書士はクソ資格だ」「行政書士は食えない」というイメージからきているものだと思います。

では、なぜそのように恥ずかしいと思うのか?について解説していきます。

解説は現役の行政書士がします。

行政書士になることは恥ずかしいことなのか?

行政書士になることは恥ずかしいことなのか?
「行政書士」と検索すると、クソ資格だとか、食えない資格だとか、廃業したことなどの記事であふれています。

「行政書士 恥ずかしい」は、そういったコンテンツから作られた負のイメージで、そのイメージを刷り込まれているから、そのように感じるのではないでしょうか?

実際、業界に入るとそういったことを微塵に感じることはありません。

行政書士同士お互いに切磋琢磨し、日々業務に明け暮れています。

行政書士は許認可等、行政書士にしかできない業務も多数あるので、そういった専門分野を活かし、活躍することが可能です。

業界内でも実際、「行政書士 恥ずかしい」と思い、業務を行っている先生方は皆無ではないでしょうか?

行政書士になることは恥ずかしいことではないのです。

行政書士試験の難易度は低いから恥ずかしい

行政書士で恥ずかしいと思う、理由の一つとして行政書士試験の難易度についてあると思います。

行政書士は、他士業の試験難易度から比べると低い方にあります。

そのため、開業前、又は開業したあとも、なお、その劣等感から恥ずかしいと感じるのかもしれません。

確かに行政書士試験は、易しい方ではありますが、開業した後はきっちとそれが回収されます。

行政書士試験を合格したからといって、実務ができるレベルまで到達していないからです。

そのため、開業後に実務をこなすことができるようになるまで相当な修練が必要となり、結局試験前に勉強するか試験後に勉強するかの違いとなるのです。

他の士業と比べても、専門家になるまで道のりを費やす時間は、ならすとそう変わりはないと感じます。

もちろん、世の中では実務ができる行政書士が求められるので、開業後にこれを怠っている行政書士にはなんら依頼は舞い込んできません。

何事も専門家になるには相当数の修練が必要なのです。

食えない行政書士は恥ずかしい

行政書士が恥ずかしいと思うもう一つの理由として、行政書士は食えない資格であるというところにあると思います。

ネットで検索すると、「行政書士 食えない」という情報が多く見かけられます。

実際、食えない行政書士は多く存在します。

そのため、食えない行政書士は恥ずかしいというイメージが浸透しているのかもしれません。

たしかに、食えない行政書士は恥ずかしいかもしれません。

しかしながら、「カネなし」「コネなし」で開業した場合、誰でもはじめは顧客0から始めます。

これは行政書士に至る話ではなく、他士業でも同じことです。

食えない行政書士から脱却して、食える行政書士になるために誰しもが通る道なので、何も恥ずかしがることはありません。

もし、食えなかったら恥ずかしいからと何も挑戦しなければ、せっかく取った資格が意味をなさなくなります。

次の記事で推奨していますが、格安開業スタートさせ、先ずはゆっくり事務所運営をしてみてはいかがでしょうか?

行政書士事務所の開業費用はいくら?【格安開業でスタート】

2022年7月10日

関連記事



スポンサーリンク