一人親方が建設業で請負うことができる金額【超えると違反】

一人親方が、請負える1件あたりの工事金額について、本記事で解説していきます。建設業法にも関わってくることですので、必ず暗記してください。解説は建設業許可を専門としている行政書士がします。

一人親方が建設業で請負うことができる金額

建設業許可のある一人親方が、請負える1件あたりの工事金額は3,500万円未満となります。

また、建設業許可がない一人親方は、軽微な工事しか請負う事ができないため、500万円未満となります。

※建築一式工事はそれぞれ7,000万円未満、1,500万円未満又は延べ面積が150㎡未満

 

違反してこれらを超える金額で請負ったらどうなる?

上記の金額は建設業法上の金額となります。

この金額を超える金額で工事を請負った場合は当然のことながら法律違反となります。

法律違反の罰則は、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金(建設業法第47条)とかなり重い罰則となりますので、背負うことができる金額に関しましては必ず暗記してください。

もし、罰則を受けると、許可の取消しはもちろん、罰則後5年以上経過しないと許可を取得できなくなってしまいます。(⇒建設業許可の欠格要件

 

大阪で建設業許可の取得代行を依頼する

いかがだったでしょうか一人親方が建設業で請負うことができる金額についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、建設業許可の取得代行はもちろん、決算変更届や変更届などの各種手続きをフルサポートさせていただいております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

建設業許可の取得代行、各種手続きは当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

スポンサーリンク





建設業許可ならアカツキ法務事務所へ
他の事務所が難しくて嫌がるような案件でもあきらめないで当事務所にご相談ください。
建設業許可を専門に活動をしている私だからこそできる的確なアドバイスがあります!!


2 件のコメント

    • 法律で建設工事の完成を目的とした契約はすべて建設工事の請負契約とみなすと定められていますので、建設工事を委任契約で行うことはできません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。