樋工事の大阪府/建設業許可を取得する【無料相談可】

建設業許可業種には樋工事業という分類がありません。

そのため樋工事で建設業許可を取得する場合は、板金工事業での建設業許可取得となります。

本記事では樋工事の建設業許可の取得方法について解説していきます。解説は建設業許可・経営事項審査を専門としている行政書士がします。

樋工事とは?

樋工事とは、建物の屋外に設けられる雨樋、軒樋、立て樋、集水器、あんこう、はい樋、ますに関する工事のことをいいます。

金属板、溶融亜鉛メッキ鋼板は、薄くて加工しやすく、はんだ付けができるので、樋の製作には適した材料です。

しかし、「手入れをしないと耐久性が落ちる」「酸性の雨水にはあまり強くない」などの欠点もあります。

そのため、経年劣化により表面の塗料が剥がれたり、連結する金物が錆びついたりしますので、定期的な樋工事が必要になるのです。

 

樋工事の建設業許可とは

建設業許可業種には樋工事業という分類がありません。

そのため建設業許可業種の中の一つ、板金工事業での許可取得となります。

板金工事の定義は、「金属薄板等を加工して工作物に取付け、又は工作物に金属製等の付属物を取付ける工事」とされています。

具体的には、板金加工取付け工事、建築板金工事のことで、「建築板金工事」とは、建築物の内外装として板金をはり付ける工事を言い、建築物の外壁へのカラー鉄板貼付け工事や厨房の天井へのステンレス板貼付け工事なども行います。

また板金は、建築においては屋根の工事(屋根材、葺き付け、雨樋)や外壁の水切り、ダクトに使用される事が多くなっており、板金の技術を活かして切断加工や曲げ加工により様々な形状に加工し、これらの金属の薄板を取り付けるのです。

 

板金工事業(樋工事)の建設業許可要件

板金工事業(樋工事)の建設業許可を取得するには、下記の要件が必要となります。

以下の要件についてはこちらのページで詳しく解説しています。(⇒板金工事業の許可取得方法

・経営業務管理責任者
・専任技術者
・財産的基礎要件
・欠格要件と誠実性
・営業所の要件

これら要件を満たしているかどうかわからない場合でも、先ず当事務所へご相談ください。

一見難しそうなケースでも、何度も許可を取得してきた実績が当事務所にはあります。

 

建設業許可その他企業法務を総合的にサポート

建設業許可申請に必要な事務手続き、その他企業法務を総合的にサポートします。

建設業許可の更新サポート
5年ごとに必要な板金工事業の建設業の許可更新の申請手続きを代行いたします。

決算変更届の作成・申請代行
1年ごとに必要な決算変更届の申請手続きを代行いたします。

経営事項審査の評点アップ対策
1年ごとに必要な経営事項審査の申請手続きはもちろん、評点アップ対策のコンサルティングをいたします。

建設業許可の業種追加に対応
他の新たな種類の建設業許可が必要な場合には、業種追加の申請手続きを代行いたします。

創業融資サポート
会社設立が間もない場合は、事業計画作成および各種書類作成し、創業融資を受けれるようにサポートいたします。

税務関係サポート
会計記帳や各種書類の作成、その他届出の代行をいたします。

補助金・助成金の申請代行
補助金・助成金を受けれるように申請書類の作成および手続きの代行をいたします。

外国人就労ビザの申請代行
外国人雇用のコンサルティング、就労ビザの申請手続きを代行いたします。

 

大阪で雨樋工事の建設業許可取得を依頼する

いかがだったでしょうか?樋工事の建設業許可についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、建設業許可の取得代行はもちろん、決算変更届や変更届などの各種手続きをフルサポートさせていただいております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

建設業許可の取得代行、各種手続きは当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

スポンサーリンク





建設業許可ならアカツキ法務事務所へ
他の事務所が難しくて嫌がるような案件でもあきらめないで当事務所にご相談ください。
建設業許可を専門に活動をしている私だからこそできる的確なアドバイスがあります!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。