大阪府/建設業許可要件の営業所における専任技術者とは?

建設業法において、建設業許可の要件で営業所には「営業所における専任の技術者」を置かなければならないと定められています。本記事ではこの営業所の専任技術者について解説していきます。解説は大阪で建設業許可を専門としている行政書士がします。

営業所における専任技術者とは

営業所における専任の技術者(専任技術者、専技)とは、「建設業許可事務ガイドライン」において、営業所に常勤して専らその職務に従事することを要する者とされています。

よく間違われるところで、その他の技術者で「主任技術者」「監理技術者」があります。

専任技術者との大きな違いは、主任技術者・監理技術者は配置技術者と呼ばれ、現場で指揮をとるリーダーとなります。

一方、専任技術者は営業所の中で指揮をとるリーダーとなるのです。

では続いて、営業所とは何なのか?専任のもの?について順に解説していきます。

営業所における専任技術者とは

 

建設業の営業所とは

常時建設工事に係る請負契約等を締結するなど、請負契約の見積り、入札、契約締結等請負契約の締結に係る実体的な行為を行う事務所となります。

つまり、単なる連絡事務所は、建設業でいうところの営業所にあたりません。

また、本店などの主たる営業所に対して、支店などの従たる営業所を設ける場合は、各営業所に専任技術者を置かなければなりません。

建設業の営業所とは

 

専任技術者は営業所に専任しなければならない「専任のもの」

「専任のもの」とは、その営業所に常勤して専らその職務に従事することを要する者をいいます。

会社の社員の場合には、その者の勤務状況、給与の支払状況、その者に対する人事権の状況等により「専任」か否かの判断を行い、これらの判断基準により専任性が認められる場合には、いわゆる出向社員であっても専任の技術者として取り扱われます。

また、専任技術者なのに営業所に専任しなければ、建設業許可の要件を満たさなくなるということで、許可の取消しになります。(⇒専任技術者とは

「専任のもの」とはいえない者

  • 住所が勤務を要する営業所の所在地から著しく遠距離にあり、常識上通勤不可能な者
  • 他の営業所において専任を要する者
  • 建築士事務所を管理する建築士、専任の宅地建物取引士等
  • 他に個人営業を行っているいる者、他の法人の常勤役員である者等
  • 給与が月額10万円をしたまわる者

同一の営業所内の同業種専任技術者は、同一の営業所内において、各業種につき、それぞれ1名ずつ担当することとなり、複数の専任技術者が同じ業種を担当することはできません。

 

大阪で建設業許可の取得代行を依頼する

いかがだったでしょうか?営業所における専任技術者についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、建設業許可の取得代行はもちろん、決算変更届や変更届などの各種手続きをフルサポートさせていただいております。

大阪府で建設業許可を取得するには5つの要件を満たす必要がありますが、当事務所では貴社がその要件を満たしているかどうか無料で出張診断させていただいております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者様が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪府で建設業許可の取得代行、各種手続きは当事務所におまかせください。(⇒依頼するメリット

建設業許可ならアカツキ法務事務所へ
他の事務所が難しくて嫌がるような案件でもあきらめないで当事務所にご相談ください。
建設業許可を専門に活動をしている私だからこそできる的確なアドバイスがあります!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。