大阪府/建設業許可に必要な要件【まとめ完全マップ】

建設業許可は500万円以上の工事を請負うとき、必ず取得しなければなりません。

また取得したらしたで、1年に1度の決算変更届、5年に1度の更新申請、役員や営業所が変われば都度変更届を提出しなければなりません。

建設業許可の手続きの記事についてまとめました。

すばやく建設業許可について理解したい人に是非ご活用ください。

また、これらの記事は建設業許可・経審を専門としている行政書士が全て執筆しています。

建設業許可の基礎知識:まずはここから理解しよう

建設業許可にはいろいろな許可があります。まずは許可の種類について理解しましょう。

「知事許可か大臣許可か」「特定建設業か一般建設業か」「建設業許可がいらない軽微な工事」など、建設業許可の基礎知識として下記に3本の記事をあげています。

 

建設業許可の取得:建設業許可取得に必要な5要件

建設業許可を取得するにはいろいろな要件が必要です。

下記に5本の記事を読むと、建設業許可を取得するのに必要な要件について知ることができます。

 

建設業許可の業種:あなたの業種はどれ?

建設業には29業種あります。

メインにしている工事が、どの業種に当てはまるのか下記29本に記事から探してみましょう。

 

建設業許可取得後にやらなければならないこと

建設業許可を取得したら、それで終わり・・・ということはありません。

年に1回の決算変更届、5年に1回の更新、役員や営業所が変われば都度変更届を提出しなければなりません。

許可取得後にやらなければならないこと、3本の記事を下記しています。

 

労働保険と社会保険:必ず加入しましょう

労働保険、社会保険の未加入業者には、加入指導が行われたり労働局に通報されたり、政府の対応が年々厳しくなっています。

また、ご自身、従業員を保険で守るというい観点からも、建設業許可を取得したら必ず労働保険、社会保険に入るようにしてください。

 

大阪で建設業許可の取得代行を依頼する

いかがだったでしょうか?建設業許可取得に必要な要件の記事についてのまとめでした。

アカツキ法務事務所では、建設業許可の取得代行はもちろん、決算変更届や変更届などの各種手続きをフルサポートさせていただいております。

大阪府で建設業許可を取得するには5つの要件を満たす必要がありますが、当事務所では貴社がその要件を満たしているかどうか無料で出張診断させていただいております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者様が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪府で建設業許可の取得代行、各種手続きは当事務所におまかせください。(⇒依頼するメリット

建設業許可ならアカツキ法務事務所へ
他の事務所が難しくて嫌がるような案件でもあきらめないで当事務所にご相談ください。
建設業許可を専門に活動をしている私だからこそできる的確なアドバイスがあります!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。