知事許可と大臣許可の違いを比較【建設業許可の種類】

こんにちわ代表の川端です。

ツイートしました。

 

本記事は、知事許可と大臣許可の違いについて詳しく解説していきます。

解説は建設業許可・大臣許可を専門としている行政書士がします。

 

知事許可と大臣許可の違いを比較

建設業許可の種類には知事許可と大臣許可があります。

この違いは営業所によるものとなります。

例えば、大阪府下の営業所のみで営業する場合は「大阪府知事許可」になり、他府県にも営業所を置く場合は「国土交通大臣許可」となります。

 

知事許可

大阪府知事許可は大阪府内の営業所のみで営業する場合に必要です。
(例)大阪府下にのみ2つ以上の営業所を設けて営業する場合

知事許可と大臣許可の違いを比較

大臣許可

国土交通大臣許可は、2つ以上の都道府県に営業所を設けて営業する場合に必要です。
(例)東京、大阪に各営業所を設けて営業する場合

知事許可と大臣許可の違いを比較

大阪府知事許可でも他府県の工事ができる

よく、「全国で工事を行いたいから大臣許可が欲しい」というご依頼を受けることがありますが、大阪府知事許可でも全国の工事を行うことができます

知事許可と大臣許可はあくまでも営業所による違いなのです。

 

知事許可から大臣許可へ許可換えするメリット・デメリット

知事許可から大臣許可へ、知事許可から大臣許可へ管轄行政庁を変更する事を許可換えといいます。

当事務所では、知事許可から大臣許可へ許可換えの依頼をよく受けるのですが、なぜ許可換えの依頼が多いのか?

そのメリット(デメリット)について解説します。

メリット

大臣許可のメリットとしては、なんといっても事業が拡大できることです。

知事許可だと、本社が大阪であった場合、たとえ現場が東京だったとしても、見積もり・入札・契約締結は全て大阪本社で行わなければなりません。

東京で工事を受注する場合は、そこに営業所があった方がいいのは言うまでもありません。

また、公共工事の場合は地元業者にのみに入札参加資格が与えられる場合が多く、東京に営業所があれば、東京の公共工事への入札も可能となるというわけです。

>>参考:公共工事の入札参加資格について【完全マップ】

 

デメリット

デメリットとしては、費用が高くなるという事と、営業所に専任技術者、令3条の支配人の設置が必要となります。

人材不足のいまですから、いい人材を探すのは手間も費用もかかります。

また、「大臣許可」の申請書類は「知事許可」よりも、難易度が上がります。(←しかし、こちらは建設業許可を専門としている行政書士に依頼すれば事なきを得ると思います。)

 

知事許可か大臣許可かでお悩みの場合、又は知事許可から大臣許可へ許可換えをお考えの場合は当事務所にご相談ください

当事務所へのご依頼を前提とした初回診断、お見積は無料です。(初回無料診断、お見積ご検討後、ご依頼に至らない場合も無料です。)

 

建設業許可ならアカツキ法務事務所へ
他の事務所が難しくて嫌がるような案件でもあきらめないで当事務所にご相談ください。
建設業許可を専門に活動をしている私だからこそできる的確なアドバイスがあります!!


6 件のコメント

  • 現在大阪府知事許可をとっています。
    営業所を東京に新設しようと思っています。
    大臣許可を取った方が良いでしょうか?

    • 東京の営業所で請負契約の見積り、締結、入札など実体的な行為を行う場合は東京の営業所も許可が必要になります。
      その場合、2つの営業所が他府県になりますので大臣許可が必要になります。

  • 大阪府知事許可を建築一式で取得しています。
    大阪府下にもう一つ営業所をつくろうかと考えていますが、大臣の許可が必要ですか?

  • 現在 和歌山県で知事の許可をとっています。
    大阪に 営業所を新設しようと思います。
    請負契約の見積もり、等
    大阪で入札も参加したいと思います。その場合には 市内で営業所を置くほうがいいのでしょうか?

    • 大阪府が発注する工事を入札する場合は、大阪府下に支店を置き、大臣許可が必要になります。
      また大阪市が発注する工事にも入札したい場合は、大阪市に本店を移す必要があります。
      他にもわからない事があればお気軽にご連絡ください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。