古物商許可の相談方法【依頼までの流れ】

古物商許可の取得には専門的な知識が必要になります。本記事では古物商許可の相談方法について解説していきます。解説は古物商許可を専門としている行政書士がします。

古物商許可の相談方法

アカツキ法務事務所では大阪府下の古物商許可申請を熟知した行政書士自らが管轄警察署との打ち合わせから、必要書類の取得及び古物商許可申請書一式の作成、申請まで全て代行いたします。

ご依頼者様は原則当事務所が作成した書類一式に署名捺印をして頂くのみで、煩わしい手続き無く古物商許可を取得することが出来ます。

一件一件ご依頼者様の状況をしっかりと聞き取りさせていただきますので、許可後の変更手続きがなるべく不要な形となる最善の申請方法をご提案させていただきます。

また、過去に申請実績がある警察署であっても、担当者の異動などで求めてくる書類が変わる場合もあるため、警察署との事前交渉もその都度個別丁寧に行っております。

古物商許可取得までの流れとしましては以下のようになります。

STEP1、事前の相談

STEP2、許可要件の診断

STEP3、書類作成・添付書類の準備

STEP4、官公庁へ申請

STEP5、許可の取得

 

ご依頼までの流れ(ここまでは無料)

STEP1、事前の相談

お問い合わせフォームから当事務所へお問い合わせください。折り返しご連絡させていただきます。

当事務所へのご依頼を前提とした初回診断、お見積は無料となります。

大阪府下ならどこへでも出張無料相談にお伺いしますので、お客様の事務所または最寄り駅、難波、梅田などのカフェなど、ご指定下さい。

STEP2、許可要件の診断

古物営業には、盗品等の混入のおそれがあるため、古物営業法に基づき都道府県ごとに許可を得なければ営むことができません。

古物商許可は法人でも個人でも取得でき、次の各項目を確認しながら診断していきます。

古物営業とは?

次の3つの古物営業があります。

古物商 古物の売買、交換、委託を受けて売買又は交換する営業。(例ブックオフ、リサイクルショップ、中古楽器の販売)
古物市場主 古物商間の売買又は交換のための市場(古物市場)を経営する営業。
古物競りあっせん業 古物の売買をしようとする者のあっせんをインターネット上で競りの方法により行う営業。
古物とは?

①一度使用された物品
②使用されない物品で、使用のために取引されたもの
③これらの物品に幾分の手入れをしたものを「古物」といいます。
古物は古物営業法施行規則で次の13品目に区分されています。

  1. 美術品類
  2. 衣類
  3. 時計・宝飾品類
  4. 自動車
  5. 自動二輪車及び原動機付き自転車
  6. 自転車類
  7. 写真機類
  8. 事務機器類
  9. 機械工具類
  10. 道具類
  11. 皮革・ゴム製品類
  12. 書類
  13. 金券類
管理者とは?

古物商の営業所には、業務を適正に実施するために、必ず一名の管理者を置かなければなりません。

管理者の要件は下記となります。

  • 役職等は問わないが、古物取引に関して管理・監督・指導ができる立場の人であること
  • 営業所に常勤に近い形態で勤務できること
  • 他の事務所又は営業所の管理者と兼務していないこと
  • 成年者であること

 

古物商許可取得までの流れ

STEP3、書類作成・添付書類の準備

古物商許可専門の行政書士が種類を作成し、申請の準備に入ります。

STEP4、官公庁へ申請

営業所を管轄する各都道府県の公安委員会に申請します。

STEP5、許可の取得

おめでとうございます! 申請から1、2ヶ月ほどで許可を取得できます!

 

大阪で宅建業免許の手続を依頼する

いかがだったでしょうか?古物商許可の相談方法についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、古物商の許可取得にあたりフルサポート体制をとっております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および官公庁への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者様が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

古物商許可の取得、各種手続きは当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。