法人化(会社設立)するメリットとデメリットとは

フリーランスなど個人事業主から事業を始められる方も多くおられます。事業を始めるらなら先ず会社設立してからなど漠然といた計画は少し安易かもしれません。まずは会社設立ついてメリット・デメリットを考えてみましょう。

法人化(会社設立)するメリットとデメリットとは

法人化(会社設立)するメリットとデメリットとは""

それでは、法人化するメリットとデメリット見ていきましょう。

メリット

  • 信頼度が高いというのが会社設立するのに一番のメリットとなります。信頼度が高くなれば、取引先や融資先など様々な加護を受けれます。
  • 節税がしやすなる。個人では認められなかった経費が法人とすることで認められ、節税対策の幅が広がります
  • 所得税と法人税のバランスを見て手元に置いて残るお金(キャッシュフロー)が最大にできます

デメリット

  • 社会保険料がかかる。従業員の社会保険は半分負担です。
  • 法人税の均等割りで赤字であっても7万円を納めなければなりません
  • 源泉徴収や各種手続きなど必要な手続きが多く面倒である

まだ、売上や売上見込みがない場合は個人事業主から始められて、見込みがたった時に法人化するという手もありますし、株式会社よりも費用が少なくすむ合同会社という手もあります。
独立・起業に関しまして、自分がどういった方法の計画で行くのか考えるのも起業する楽しみの一つですね。

会社設立にかかる費用

株式会社
公証人手数料:5万円
定款印紙代:4万円
登録免許税:15万円
その他経費:0.2万円~
25万円程
合同会社
公証人手数料:0万円
定款印紙代:4万円
登録免許税:6万円
その他経費:0.2万円~
10万円程

この中で、定款印紙代の4万円は電子定款にしますと節約できますが、電子定款を作成するには特別な機器は必要になってきますので、自分で作った方が割高になる場合もあります。

また、許認可が必要な職種になりますと、会社設立+許認可申請となります。

手続きを自分でやるか専門家に任せるか

時間をどう考えるかだと思います。

時間もたっぷりあるし自分で勉強しながら手続きをふみたいという方には、ご自分での設立にむいてるかもしれません。

しかし、時間もないし誰かにお任せしたいという方は専門家に丸投げした方がいいです。

事業によっては許認可が必要になってくる場合もありますので、許認可が必要な場合はなおさらです。

特に許認可の手続きは煩雑で、なかなか前にすすめないというのが現状です。

法人化(会社設立)するメリットとデメリットとは

そんなに手間暇がかかるのならば、起業家からすればすごく無駄な時間を過ごしていることになります。

なぜなら、開業に向けて、そのあいた時間を本業の方にフルに使う方が有意義だからです。

しかも自分で手続きをやっても、実は費用的にはあまり変わらないんです

株式会社の設立でいいますと、ご本人様がご自分で手続きをすると、おおよそ25万円~かかりますが、当事務所にご依頼いただいても、コミコミで30万円程度です。(※機関設計・役員数により異なります。詳しくはお見積もりをします。)

つまり、少し出費するだけで煩わしい手続きから解放されますし、自分の日当を考えると割高になる危険性もございます。

さらに許認可に関しましては、申請書作成が非常に困難な業種もございますので、許認可が絡む場合は専門家に頼んだ方がいいのです。

 

↓   ↓   詳しくはこちらをご覧ください。  ↓   ↓

なぜ会社設立しただけでは駄目なのか?【営業に必要な許認可】