行政書士事務所を一人で運営する【ボイスワープ機能でどこでも電話番】

行政書士を一人で開業した場合、事務員がいないため、打ち合わせに行ったり、営業に行ったり、講義に行ったりと事務所をしょっちゅうあけることになります。

事務所をずっとあけていると、依頼の電話がかかってきていないか、ソワソワしてしまいます。

依頼の電話というものはすぐに対応しないと、他の事務所に流れていってしまう傾向があるので、留守番電話を設置しただけではあまり意味がないのです。

しかし、電話番のためだけに人件費を払ってまで事務員をおくわけにはいかないし・・・

それを解決するのがボイスワープです。

行政書士事務所を一人で運営するためのツール「ボイスワープ」

ボイスワープでスマホを固定電話にする

事務所を一人で運営する必要ツール「ボイスワープ」とは

ボイスワープとは電話の転送サービスのことで、固定電話にかかってきた電話をスマホに転送することができます。

NTTに依頼すれば設定でき、価格も月々500円程ででき、無条件で転送したり、無応答の場合だけ転送したり、様々な設定が可能となっています。

この機能を設定しておけば、電話番のために事務員を雇用する必要がなくなります。

打合せ先でも、営業先でも、事務所にかかってきた電話を瞬時とることができます。

一人で行政書士事務所をまわすためには、必要不可欠のツールとなります。

行政書士事務所に固定電話は必須!?

ホームページや名刺に書き込む連絡先は、固定電話を記入することが必要です。

固定電話なしに携帯電話番号だけの記入だと怪しい業者と思われて、依頼してくるものも依頼してきません。

しかし、固定電話だとずっと一人で事務所に留守番をしていなければなりません。

それを解決するのがボイスワープというわけです。

ボイスワープで固定電話経由でスマホに電話がかかってくれば、即座に対応することができますし、場所も選ばないのです。

お客さんと喫茶店で打ち合わせしていても、講義をうけていても、そこが自分の事務所代わりとなるのです。

初めから完璧な設備にしなくていい

はじめから事務員さんをおいたり、きれいな独立オフィスを設置しなくてもいいです。

ボイスワープなどのサービスを上手く利用することで、固定費をできるだけ下げて開業に臨んだ方がいいのです。

私も自宅兼事務所で一人開業から始めて、OA機器や人員なども徐々に整えていきました。

開業当初はお客さんに事務所に来てもらうのではなく、自分からお客さんの所へ足を運んでいけば問題ないのです。

大切なのは一刻も早く実務を覚えて、顧客を得ることです。

依頼が増えれば収入も増えるのですから、その収入でもって設備を整えていけばいいのです。

関連記事



スポンサーリンク