帰化申請書類の書き方【自宅・勤務先付近の略図】

帰化申請には申請書類の「自宅・勤務先付近の略図」の提出が必要になります。本記事では、この「自宅・勤務先付近の略図」の書き方について解説していきます。解説は帰化・永住権許可を専門としている行政書士がします。

帰化申請書類「居宅付近の略図」の書き方

居宅付近の略図等は、過去3年以内に引越しをしている場合は、前住所のものと併せて複数枚必要なります。

以下、居宅付近の略図の書き方のポイントです。

・居宅付近の略図は、最寄りの交通機関から経路、所要時間を記載します。

・過去3年以内に1日でもいた住所のものはもれなく作成します。

居宅付近の略図

帰化申請書類「勤務先付近の略図」の書き方

勤務先付近の略図等は、過去3年以内に勤務先が変わっている場合は、前勤務先のものと併せて複数枚必要なります。

以下、勤務先付近の略図の書き方のポイントです。

・勤務先付近の略図は、最寄りの交通機関から経路、所要時間を記載します。

・申請人が無職で、両親や配偶者に扶養してもらっている場合は、両親や配偶者の勤務先を記載します。

・主婦や学生で3年間無職の場合は記載不要ですが、アルバイトをしている場合は、アルバイト先を勤務先として記載します。

勤務先付近の略図

大阪で帰化・永住権取得の手続を依頼する

いかがだったでしょうか?帰化申請書類の「自宅・勤務先付近の略図」の書き方についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、帰化・永住権取得にあたりフルサポート体制をとっております。

当事務所の担当者が親切丁寧なご対応、フォローアップで、お客様には大変好評をいただいております。

帰化許可、永住権許可の取得手続きは当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

関連記事



スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。