永住権許可申請の必要書類【行政書士が解説】

永住権許可(永住ビザ)申請で必要な書類は様々あります。本記事では、永住権許可(永住ビザ)申請の必要書類について解説していきます。解説は帰化・永住権許可を専門としている行政書士がします。

永住権許可(永住ビザ)申請の必要書類

永住権許可(永住ビザ)申請は、大きく分けて以下の2つがあります。

・就労系在留資格から永住権申請
・身分系在留資格から永住権申請

これらはそれぞれ提出する書類が若干異なります。

以下それぞれ解説していきます。

 

就労系在留資格から永住権申請

就労系在留資格から永住権申請については下記の書類が必要になります。

また、下記で紹介している書類はほんの一例となります。

永住権申請については、申請者それぞれケースが異なりますので疎明書類はその申請者のケースにあった書類を準備する必要があります。

・永住許可申請書

・証明写真

・在留カード

・パスポート

・理由書

・住民票(世帯全員分記載のもの)

・自宅の賃貸借契約書のコピー

・不動産所有の場合は不動産登記簿謄本

・住民税の課税証明書(直近3年分)

・住民税の納税証明書(直近3年分)

・国民健康保険の納税証明書(直近3年分)

・保険証のコピー

・身元保証人に関する書類

・身元保証人との関係を説明する書類(身元保証人が配偶者以外の場合)

会社員の方
・在職証明書
・源泉徴収票(直近3年分)
・給与明細書(直近3年分)

経営者の方
・会社の登記簿謄本
・定款のコピー
・営業許可書のコピー
・法人税の確定申告書(直近3年分)
・会社案内

身分関係を証明する書類(以下のいずれか)
・戸籍謄本
・出生証明書
・婚姻証明書
・認知届の記載事項証明書
・本国書類の翻訳文

 

身分系在留資格から永住権申請

身分系在留資格から永住権申請については下記の書類が必要になります。

また、下記で紹介している書類はほんの一例となります。

永住権申請については、申請者それぞれケースが異なりますので疎明書類はその申請者のケースにあった書類を準備する必要があります。

・永住許可申請書

・証明写真

・在留カード

・パスポート

・理由書

・経歴書(申請者の在留暦、学歴、職歴、身分関係変更暦を記載)

・住民票(世帯全員分記載のもの)

・自宅の賃貸借契約書のコピー

・不動産所有の場合は不動産登記簿謄本

・住民税の課税証明書(直近3年分)

・住民税の納税証明書(直近3年分)

・国民健康保険の納税証明書(直近3年分)

・保険証のコピー

・身元保証人に関する書類

・身元保証人との関係を説明する書類(身元保証人が配偶者以外の場合)

会社員の方(本人または扶養者)
・在職証明書
・源泉徴収票(直近3年分)
・給与明細書(直近3年分)

経営者の方(本人または扶養者)
・会社の登記簿謄本
・定款のコピー
・営業許可書のコピー
・法人税の確定申告書(直近3年分)
・会社案内

身分関係を証明する書類(以下のいずれか)
・配偶者の方の戸籍謄本(申請者が日本人の配偶者のとき)
・日本人親の戸籍謄本(申請者が日本人の子のとき)

 

大阪で帰化・永住権取得の手続を依頼する

いかがだったでしょうか?永住権許可申請の必要書類についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、帰化・永住権取得にあたりフルサポート体制をとっております。

当事務所の担当者が親切丁寧なご対応、フォローアップで、お客様には大変好評をいただいております。

帰化許可、永住権許可の取得手続きは当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

関連記事



スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。