帰化申請の必要書類【運転記録証明書】

帰化申請の必要書類の一つとして運転記録証明書があります。運転記録証明書は自動車の運転免許証を所持している場合に提出が必要になります。本記事ではこの運転記録証明書について解説していきます。解説は帰化・永住権許可を専門としている行政書士がします。

帰化申請に必要な運転記録証明書

自動車の運転免許証を所持している者は、自動車安全運転センターが発行した過去5年間の運転記録証明書の提出が必要になります。

運転記録証明書とは、過去最高5年間さかのぼって、交通違反や事故、運転免許の行政処分の履歴の記録などについて、証明してくれる書類のことです。

また、免許を取り消されたことがある場合は、運転免許経歴証明書が必要になります。

帰化申請に必要な運転記録証明書

 

運転記録証明書の取得方法

運転記録証明書の申込用紙は、警察署、交番、駐在所、及び各センター事務所に備え付けてあります。

最寄りの警察署等で申し込み用紙を入手の上、必要事項を記入し手数料を添えて最寄りのゆうちょ銀行・郵便局から申込みをします。

申し込み後約2週間程度で郵されてきます。

 

申し込み用紙の記入方法

申し込み用紙には、下記の事項の記入が必要です。

・運転記録証明書(5年間にチェック)
・生年月日・性別
・免許番号
・現住所・氏名
・電話番号
・印鑑の押印

申し込み用紙の記入方法

 

大阪で帰化・永住権取得の手続を依頼する

いかがだったでしょうか?帰化申請に必要な運転記録証明書についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、帰化・永住権取得にあたりフルサポート体制をとっております。

当事務所の担当者が親切丁寧なご対応、フォローアップで、お客様には大変好評をいただいております。

帰化許可、永住権許可の取得手続きは当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

関連記事



スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。