帰化申請書類の書き方【帰化許可申請書】

帰化申請には帰化許可申請書の提出が必要になります。本記事では、帰化許可申請書の書き方について解説していきます。解説は帰化・永住権許可を専門としている行政書士がします。

帰化許可申請書の書き方

帰化許可申請書は、帰化を申請しようとする人ごとに作成します。

書類の作成に気をつけないといけないことは以下となります。

①帰化許可申請書は、正副の2通提出します。正副ともに写真を添付します。

②氏名は漢字、片仮名で記入します。アルファベットは使用できません。中国や台湾の簡体字や繁体字は日本の漢字に直して記入します。

③通称名は今まで使ったものを全て記入します。通称名を使ったことがない場合は空白のままで結構です。

④帰化後の本籍は、自由に定めることができ、土地の地番、住居表示が使用できます。

⑤帰化後の氏名は、基本的には自由に決められます。常用漢字、平仮名、片仮名以外は使用できません。

以下は、帰化許可申請書のサンプルとなります。

帰化申請書の書き方

大阪で帰化・永住権取得の手続を依頼する

いかがだったでしょうか?帰化許可申請書の書き方についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、帰化・永住権取得にあたりフルサポート体制をとっております。

当事務所の担当者が親切丁寧なご対応、フォローアップで、お客様には大変好評をいただいております。

帰化許可、永住権許可の取得手続きは当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

関連記事



スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。