帰化申請書類の書き方【在勤及び給与証明書】

帰化申請には申請書類の「在勤及び給与証明書」の提出が必要になります。本記事では、この「在勤及び給与証明書」の書き方について解説していきます。解説は帰化・永住権許可を専門としている行政書士がします。

帰化申請書類「在勤及び給与証明書」の書き方

申請者、配偶者、生計を同じくする親族が給与や報酬などの収入を得ている場合は全員分必要です。

以下、在勤及び給与証明書の書き方のポイントです。

・職種はなるべく具体的に記載します。
・勤務先の代表取締役か給料支払責任者の証明が必要です。

帰化申請書類「在勤及び給与証明書」の書き方

大阪で帰化・永住権取得の手続を依頼する

いかがだったでしょうか?帰化申請書類の「在勤及び給与証明書」の書き方についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、帰化・永住権取得にあたりフルサポート体制をとっております。

当事務所の担当者が親切丁寧なご対応、フォローアップで、お客様には大変好評をいただいております。

帰化許可、永住権許可の取得手続きは当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

関連記事



スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。