帰化申請書類の書き方【親族の概要】

帰化申請には申請書類の「親族の概要」の提出が必要になります。本記事では、この「親族の概要」の書き方について解説していきます。解説は帰化・永住権許可を専門としている行政書士がします。

帰化申請書類「親族の概要」の書き方

帰化申請書類の「親族の概要」で一番注意しないといけないポイントは、在日親族と在外親族の区別をして書類作成するところです。

また、記載する親族の範囲はかなり広範囲で婚約者や内縁関係まで含めます。

・父母
・兄弟姉妹
・配偶者
・子供
・父母、兄弟姉妹、配偶者、子供の死亡者
・内縁の夫や妻
・婚約者

その他書類の作成に気をつけないといけないポイントとして以下のものが挙げられます。

①申請者を除いて記載します。
②死亡した方がいれば死亡者についても記載します。
③交際がなく、連絡をとっていないため住所がわからない場合は「〇〇国以下不詳」と記載します。
④親族の中に帰化した方や帰化申請中の方が言う場合は「〇年〇月〇日帰化・申請」と記載します。

⑤交際は電話やメールでもある場合は有になります。

以下は、「親族の概要」のサンプルとなります。

帰化申請書類の書き方
帰化申請書類の書き方

大阪で帰化・永住権取得の手続を依頼する

いかがだったでしょうか?帰化申請書類の「親族の概要」の書き方についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、帰化・永住権取得にあたりフルサポート体制をとっております。

当事務所の担当者が親切丁寧なご対応、フォローアップで、お客様には大変好評をいただいております。

帰化許可、永住権許可の取得手続きは当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

関連記事



スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。