民法の全体像とは?【相続手続きの基礎知識】

本記事では、相続手続きをする上で、必ず知っておきたい民法の基礎知識を解説しています。解説は相続手続きを専門としている行政書士がします。

全体像をつかむのが民法の近道

民法の構成には大きくわけて、以下の5つの編に分ける事ができます。

  • 第1編「総則」
  • 第2編「物権」
  • 第3編「債権」
  • 第4編「親族法」
  • 第5編「相続法」

中でも1番民法で身近なものを上げるとすれば、家族の誰かが亡くなった時に、必ず発生する法律である「相続法」や、家族関係についての規定を定めた「親族法」になると思います。

民法では私人間、つまり個人と個人が関わる場合に出てくる法律の分野となるので、これら民法に乗っ取って物事を進めなければならない場合も沢山あります。

法律には様々な決まりごとが存在しており、民に関する民法と言う法律にも人が関わるわけですから、関わる分だけのルールが存在しているのです。

全体像をつかむのが民法の近道

 

民法の役割

民法の相続では、人のその状況や家族構成などによっても様々なパターンが考えられ、そのパターンなりの数のルールが定められています。

例えば、相続人が1人しかいない場合はシンプルで、その1人の人が相続をするのか、放棄をするのか決めればよい事です。

しかし、相続をする人が2人以上いたり、死亡していたりするケースも必ずしもあるわけです。

また、相続させる側である被相続人が、この人には相続をさせたくないと言うケースもあり、様々なパターンが予想できます。

その場合にもどのような手続きや要件が必要になるかについては、民本の相続で定められているというわけです。

 

民法を理解する

このように民法では、その人と人とが絡む世の中の事につき、様々な問題が起こらないようにケースごとに細かく法律によって定めをつくっています。

全体的に見れば、細かくわかれていて、わかりにくいところもあるかもしれませんが、私人間に起き得る事による、自分が必要とする法律については、知識として入れておくことが必要になってきます。

知っている事によって、回避する事ができる事が増えたり、後々トラブルにならない為にも、自分に該当する各項目について、しっかりと調べておく必要があると言えるのです。

関連記事



スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。