相続税とは【基礎知識】

相続税が発生するには相続をする必要があります。

本記事では相続税の発生の基礎知識について解説していきます。

行政書士
解説は相続手続きを専門としている行政書士がします。

相続税の基礎知識

給料をもらう場合は所得税、何かを購入する場合は消費税等のように、生活していく上で法律行為に税金が伴う場合がほとんどです。

相続税も同様に、被相続人(亡くなられた人)から財産を相続することによって、発生する、それらの税金のうちの一つとなります。

元来相続税とはお金持ちならではの悩みで、庶民には無縁の出来事とイメージがありました。

しかし近年では、税制改正で相続税の基礎控除が大幅に縮小したため、今まで無縁だと思っていた庶民も相続に備える必要性が出てきています。

 

相続税が必要な訳

被相続人の財産を、誰かに与えるのが相続となり、この相続をする際に、相続税と言う税金がかかる場合があります。

つまり相続税とは、親族などが死亡したことによって、相続が発生し、その相続分を受け取ったり財産を貰ったりする際に発生する税金となります。

この相続税が設けられている理由としては以下の理由があるとされています。

・偶然に財産を得た事による不労所得である
・相続する特定の人に財産が集中してしまう事を抑える
偶然に財産を得た事による不労所得である

通常人は生活をする上で、仕事をすることによって、給料を得て生計を立てています。
不労所得というのは、この労力がない状態で得たお金なので、課税される対象になるとされています。

相続する特定の人に財産が集中してしまう事を抑える

特定の人に財産が集中する事により、貧富の差が拡大します。
この貧富の差を緩和させ、階層の固定化とそれに伴う社会の硬直化を阻止して、社会的な公平と活力をもたらすための富の再分配のために、課税される対象になるとされています。

 

相続税の発生

相続税がかかる場合、相続の発生が必要です。

行政書士
相続の流れは以下のようになります。

また、③で相続放棄をした人については、相続を一切しないわけですから、当然の事ながら課税対象とはなりません。(⇒相続放棄とは

①被相続人(亡くなられた人)が死亡と同時に相続開始

②相続人と、相続分を決定

③単純承認や、限定承認、相続放棄などの手続き

④遺産分割協議を行った結果、各種名義の変更などを行い、相続税の申告や納付

 

相続税の申告・納税までの期限

相続税の申告や、納税までの期間については、期限が設けられており、10か月と短い期間となっています。

そのため、自分で相続税が発生するかどうかの有無や、申告の仕方、または納税の仕方などがわからない場合は、速やかに相続手続きの専門家に相談し、依頼した方が良いでしょう。

相続については、ある日突然起こる事が多くあります。

被相続人の死亡によって、すぐさま相続が開始されますので、被相続人が遺言書を残していない場合や、どのくらいの財産があるかわからない場合は調査しないといけまません。

また、相続人となる人が誰になるのか確認する作業も必要となります。

その忙しい中での専門的な知識となりますので、わからない場合は迷わず専門家に相談するようにした方が手間が省けるでしょう。

 

大阪で相続手続きを依頼する

いかがだったでしょうか?相続税の発生についての解説でした。(⇒相続税の計算ガイドに戻る

アカツキ法務事務所では、相続手続きはもちろん、遺言書や遺産分割協議書の作成も行っております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および官公署への代行手続きまで全ておこなっておりますので、ご依頼者が官公署に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪で相続手続きをお考えの方は当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

 

関連記事



スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。