労働福祉の状況(W1)「建退共」とは-経営事項審査(経審)における社会性等

労働福祉の状況(W)にある、建設業退職金共済制度(以下、建退共)とは、独立行政法人勤労者退職金共済機構と退職金共済契約、つまり加入をすれば加点が貰えます。

この退職金共済契約とは、建設現場で働く労働者を被共済者として、その労働者に当機構が交付する共済手帳に労働者が働いた日数に応じ共済証紙を貼り、その労働者が建設業界の中で働くことをやめたときに、当機構が直接労働者に退職金を支払うというものです。

ここではこの建退共について詳しく見ていきましょう。

建退共とは

退職金制度

建退共制度とは、建設業で働く人たちの福祉の増進と雇用の安定を図り、建設業の振興と発展に役立てることをねらいし、国がつくった制度となります。

退職金は、国で定められた基準により計算されて確実に支払われますので、民間の退職金共済より安全かつ確実な制度です。

事業主の加入条件

建設業を営むすべての事業主が、元請・下請の別を問わず、専業でも兼業でも加入できます。

対象となる労働者

建設業の現場で働く人たちのほとんどすべての人が対象者となります。

例えば、大工・左官・鳶・土工・電工・配管工・塗装工・運転工・現場事務員など、その職種のいかんを問いません。

必要書類

経営事項審査で加入が認められるには建退共の履行証明書(コピー可)が必要です。

経営事項審査

建設業許可

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。