経営事項審査結果通知書の見方【徹底解説】

経営事項審査の結果通知書の見方を知ることは大切な事です。毎年、経営事項審査を受審している建設業者はなおさらで、評点アップのために何が必要なのか一目瞭然でわかるので、改善点をすぐにわりだせるからです。本記事では、この経営事項審査結果通知書の見方について解説していきます。解説は建設業許可・経審を専門としている行政書士がします。

経営事項審査(経審)の結果通知書とは

経営規模等評価結果通知書・総合評定値通知書とは経営事項審査(経審)の結果通知書のことをいいます。

この結果通知書をもって入札参加資格の申請ができるようになり、入札参加資格の提出必要書類となります。

つまり入札参加資格に必要な情報はこの結果通知書に集約され、これを基にランク付けがされています。(⇒ランク付けとは

 

経営事項審査結果通知書の見方

それでは、経営事項審査(経審)の結果通知書の見方について解説していきます。

経営事項審査結果通知書の見方

総合評定値(P)は、大きく分けて下記の5つの項目に分かれています。

  • X1:経営規模
  • X2:経営規模
  • Z :技術力
  • W :社会性等
  • Y :経営状況

 

また、参考までに私が依頼を受ける中で、

即効で点数アップを期待する依頼があれば、紫色のW点の社会性等の取り組みをおすすめしています。

なぜなら他のX1、X2、Z、Y点とは異なり、即効性を期待できる項目だからです。

X1(経営規模)の見方

X1(経営規模)は、平均完成工事高の評点といわれ、土木一式、建築一式、管工事、電気工事、水道工事などその工事種類別に2年または3年の平均の完成工事高の金額によつて点数が決められています。

2年平均か3年平均かは点数がいい方を自ら選択できます。

評点のアップを狙うならば、受注量を増大させ完成工事高を上げることが第一となります。

X2(経営規模)の見方

自己資本額と平均利益額により算出されます。

平均利益額は、2年間の営業利益と減価償却実施額の平均で算出されます。

評点のアップを狙うならば、自己資本を充実させることが第一となります。

Z(技術力)の見方

元請完成工事高と技術職員数で算出されます。

元請完成工事高は2年または3年平均を選択できます。

また、技術職員数は技術職員の保有資格で算出されます。

管理技術者講習などの制度もあり点数を上げやすい項目でもあります。

W(社会性等)の見方

労働福祉の状況建設業の営業継続の状況防災活動への貢献の状況法令遵守の状況建設業の経理の状況研究開発の状況建設機械の保有状況国際標準化機構が定めた規格による登録の状況若年の技術者および技能労働者の育成および確保の状況から算出されます。

点数アップの即効性が期待できる項目です。

Y:経営規模の見方

Y点(経営状況)は、純支払利息比率、負債回転期間、総資本売上総利益率、売上高経常利益率、自己資本対固定資産比率、自己資本比率、営業キャッシュフロー、利益剰余金の8つの指標から経営状況分析機関が算出します。

その8つの指標の基となるのが、固定資産、流動負債、固定負債、利益剰余金、自己資本、総資本(当期)、総資本(前期)、売上高、売上純利益、受取利息配当金、支払利息、経常利益、営業キャッシュフロー(当期)、営業キャッシュフロー(前期)の科目となります。

 

経営事項審査(経審)は受け直しができる

経営事項審査の結果通知書が到着して、確認してみたところ、数字が間違っていると焦ったことはないですか?

特に多いケースとして、「資格をもっている技術職員が、技術職員名簿に載っていないため予定していた点数に届いてない」があります。

うっかり、経営事項審査の申請書に記載するのを忘れていたんですね。

そのため、入札参加資格の予定していたランクに入れないで困っているという相談は結構あります。

しかし、あきらめないでください。

ある一定の条件が整えば、経営事項審査は受け直すことができるのです。(⇒経審の受け直しとは

なお、経営事項審査の受け直しでお困りの場合は、当事務所のご相談ください。

 

大阪で経営事項審査(経審)の申請代行を依頼する

いかがだったでしょうか?経営事項審査結果通知書の見方についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、経営事項審査(経審)の申請代行はもちろん、入札参加資格申請、建設業許可の決算変更届や変更届などの各種手続きをフルサポートさせていただいております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者様が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪府で経営事項審査の申請代行、各種手続きは当事務所におまかせください。(⇒依頼するメリット

経営事項審査ならアカツキ法務事務所へ
他の事務所が難しくて嫌がるような、法人成り、合併、営業譲渡経審など特殊経審を得意としており、他で断られた案件でもあきらめないで当事務所にご相談ください。
経営事項審査(経審)を専門に活動をしている私だからこそできる的確なアドバイスがあります!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。