経営事項審査(経審)若年の技術者および技能労働者の育成および確保の状況【W9】

経営事項審査(経審)若年の技術者及び技能労働者の育成及び確保の状況」は、35歳未満の技術者をターゲットに創設されています。

今までは、人材不足のため35歳未満の技術者を確保するのは、難しい状況にありました。

しかし、特定技能ビザが新設された事により、今後注目される項目になりつつあります。

本記事では、この「若年の技術者および技能労働者の育成および確保の状況」について解説していきます。

解説は建設業許可・経営事項審査を専門としている行政書士がします。

若年の技術者および技能労働者の育成および確保の状況とは

若年の技術者および技能労働者の育成および確保の状況では、以下の条件をいずれか満たせば加点対象になります。

また、両方満たす場合はそれぞれ加点されます。

  • 審査基準日において、技術職員名簿に記載されている満35歳未満の人数が、名簿全体の15%以上であった場合
  • 審査対象事業年度において新たに記載された満35歳未満の者が全体の1%以上であった場合

 

経営事項審査(経審)での点数表

区分 若年の技術者および技能労働者の育成および確保の状況 点数
1 満35歳未満の人数が技術職員名簿全体の15%以上 10
2 審査対象年度に新たに記載された満35歳未満が技術職員名簿全体の1%以上 10
3 0

 

経営事項審査(経審)評点アップ

ここでの評点アップのポイントは、いかにして35歳未満の技術者を確保するかです。

しかし、せっかく35歳未満の人材を確保しても、技術者名簿に記載できなければ意味がありません。(⇒技術職員名簿とは

技術者名簿に記載するには、実務経験や指定された資格を保有しなければなりません。

指定の資格はかなりの数がありますが、その中でも狙い目の資格が当然にあります。(⇒経審人気の資格

35歳未満の人材が確保できれば、次は資格取得を促してみてはいかがでしょうか。

 

大阪で経営事項審査(経審)の申請代行を依頼する

いかがだったでしょうか?「若年の技術者および技能労働者の育成および確保の状況」についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、経営事項審査(経審)の申請代行はもちろん、入札参加資格申請、建設業許可の決算変更届や変更届などの各種手続きをフルサポートさせていただいております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者様が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪府で経営事項審査の申請代行、各種手続きは当事務所におまかせください。(⇒当事務所に依頼するメリット

スポンサーリンク





経営事項審査ならアカツキ法務事務所へ
他の事務所が難しくて嫌がるような、法人成り、合併、営業譲渡経審など特殊経審を得意としており、他で断られた案件でもあきらめないで当事務所にご相談ください。
経営事項審査(経審)を専門に活動をしている私だからこそできる的確なアドバイスがあります!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。