経営事項審査(経審)建設機械の保有状況【W7】

経営事項審査(経審)の建設機械の保有状況は、自ら建設機械を保有している場合に点数が加点されます。本記事では、この建設機械の保有状況について解説していきます。解説は建設業許可・経営事項審査を専門としている行政書士がします。

建設機械の保有とは

経営事項審査では次の場合、建設機械を保有していると認められます。
・自ら建設機械を保有している
・リース契約を締結している

自ら建設機械を保有している

加点が認められるには、建設機械を自ら保有していることが求められます。

経営事項審査では、下記の提出を求められます。

・売買契約書
リース契約を締結している

1年7ヵ月以上のリース契約を締結している場合に認められます。

経営事項審査では、下記の提出を求められます。

・リース契約書

 

特定自主検査とは

労働安全衛生法で指定された一定の機械については、定期自主検査(年次・月次など)を行う必要があります。

自動車でいうところの車検制度のようなものです。

建設機械の場合は法令で1年以内に1回、定期自主検査を行わなければならないように定められています。

経営事項審査では、下記の提出を求められます。

  • 審査基準日現在に正常に稼働することが確認できる書類の写し

・移動式クレーンについては「移動式クレーン検査証」
・大型ダンプ車については「自動車検査証」
・上記2機種以外については「特定自主検査記録表」

 

経営事項審査の対象となる建設機械

下記の建設機械が経営事項審査の評価対象となります。

ショベル系掘削機 ショベル、バックボウ、ドラグライン、クラムシェル、クレーンまたはパイルドライバーのアタッチメントを有するもの
ブルドーザー 自重が3トン以上のもの
トラクターショベル バケット容量が0.4立方メートル以上のもの
移動式クレーン 吊り上げ荷重3トン以上のもの
大型ダンプ車 車両総重量8トン以上または最大積載量5トン以上で事業の種類として建設業(営業車含む)を届け出、表示番号の指定を受けているもの
モーターグレーダー 自重が5トン以上

経営事項審査では、、下記の提出を求められます。

・建設機械のカラー写真

当該様式には、

  1. 撮影日付入りの横版の全景写真
  2. 車両番号・機番が特定できる部分
  3. 特定自主検査標章の記載内容が特定できる部分

が必要です。

 

大阪で経営事項審査(経審)の申請代行を依頼する

いかがだったでしょうか?「建設機械の保有状況」についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、経営事項審査(経審)の申請代行はもちろん、入札参加資格申請、建設業許可の決算変更届や変更届などの各種手続きをフルサポートさせていただいております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者様が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪府で経営事項審査の申請代行、各種手続きは当事務所におまかせください。(⇒当事務所に依頼するメリット

経営事項審査ならアカツキ法務事務所へ
他の事務所が難しくて嫌がるような、法人成り、合併、営業譲渡経審など特殊経審を得意としており、他で断られた案件でもあきらめないで当事務所にご相談ください。
経営事項審査(経審)を専門に活動をしている私だからこそできる的確なアドバイスがあります!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。