大阪府/建設業許可要件の営業所の要件とは【行政書士が解説】

スポンサーリンク

建設業許可を取得するには、5つの要件が必要になります。その中のうちの一つ「営業所の要件」について、本記事では解説していきます。解説は建設業許可を専門としている行政書士がします。

建設業許可要件の営業所の要件とは

建設業許可を取得するには営業所を設置していることが必要です。

この、建設業許可の営業所にはある一定の要件があり、下記のような形態を備えていることが必須となります。

①事務所など建設業の営業を行うべき場所を常時しようする権限を有していること

②建物の外観または入り口において、申請者の商号または名称が確認できること

③固定電話、事務機器、机等什器備品を備えていること

④専任技術者が営業所に常勤して専らその職務に従事していること

⑤建設業の許可票を掲げていること(更新・変更届のみ必要)

また、建設業許可の申請書ではこれらが確認できるためのカラー写真の提出が求められています。

営業所の写真の撮り方についてはこちらをご覧下さい。(⇒写真の撮り方とは

 

建設業の営業所とは

建設業の営業所とは、常時建設工事に係る請負契約等を締結するなど、請負契約の見積もり、入札、契約締結等請負契約の締結に係る実体的な行為を行う事務所のことをいいます。

ここで、注意したいのが、単なる連絡事務所はこれに該当しないということです。

そのため、登記上だけの本店・支店、建設業の業務と関係のない本店・支店は該当しません。

建設業の営業所とは

 

営業所の裏付け書類

建設業許可を取得する場合、次の事務所の使用権利関係を確認するための書類がいずれか必要になります。

自己所有の場合

  • 建物の登記簿謄本
  • 固定資産評価証明書
  • 固定資産税・都市計画税の納税通知書
  • 登記済証(権利書
  • 登記識別情報通知
  • 建物の売買契約書(登記が確認できない場合)

賃貸などの場合

  • 賃貸契約書

 

大阪で建設業許可の取得代行を依頼する

いかがだったでしょうか?建設業許可要件の営業所の要件についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、建設業許可の取得代行はもちろん、決算変更届や変更届などの各種手続きをフルサポートさせていただいております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

建設業許可の取得代行、各種手続きは当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

スポンサーリンク





建設業許可ならアカツキ法務事務所へ
他の事務所が難しくて嫌がるような案件でもあきらめないで当事務所にご相談ください。
建設業許可を専門に活動をしている私だからこそできる的確なアドバイスがあります!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。