建設業許可要件の欠格要件と誠実性とは【大阪府知事許可】

建設業許可を取得する5つの要件の内の一つで、欠格要件と誠実性があります。

建設業許可を取得するためには「経営業務管理責任者」「専任技術者」という大きな壁を乗り越えることにますが、これらをパスしたとてまだまだ8合目ぐらいです。

この「欠格要件と誠実性」でコケてしまえば、経営業務管理責任者になるために5年間経営の経験をつんできただとか、専任技術者になる為に頑張って勉強をし、資格を取っただとか、今まで頑張って積上げてきたことが泡となってしまします。気を引き締めて取り掛かっていきましょう。

建設業許可要件の欠格要件と誠実性とは

「欠格要件と誠実性」で重要な欠格事由は、大きく分けて下記の2点となります。

  1. 書類の欠格事由
  2. 人の欠格事由

この二つ欠格事由は誠実性を問われ、どちらに該当しても許可はとれません。

また、許可がとれたとしても、後から該当すれば許可の取消し事由になりますのでご注意ください。

つまり、これらに該当しないことが許可の要件となります。

 

1.書類の欠格事由

許可を申請するにあたり、提出書類や添付書類に「虚偽の記載」や「記載漏れ」などがあれば欠格事由にあたります。

つまり、嘘をついて作成した書類を申請したら欠格事由にあたるということです。

これは許可がでた後も同様で、許可がでた後にこれらの事実が発覚すると許可の取り消しになりますのでご注意ください。

また、虚偽申請が発覚した際は3年以下の懲役又は300万円以下の罰金(建設業法第47条)の罰則もあります。(⇒建設業許可の違反と罰則

 

2.人の欠格事由

人の欠格事由に「人」には、法人では会社の役員等、個人では事業主があてはまります。

この「人」が下記の事由にあてはまると、欠格事由として許可は受けれなくなります。

  • 成年被後見人、被保佐人または破産者で復権を得ないもの
  • 不正の手段で許可を受けたことなどにより、許可を取り消されて5年を経過しない者
  • 許可の取り消しを免れるために、取り消し前に廃業の届出をして5年を経過しない者
  • 建設工事を適切に施工しなかったために公衆に危害を及ぼしたとき、または危害を及ぼすおそれが大であるとき、または請負契約に関し不誠実な行為をしたことなどにより営業の停止を命ぜられ、その営業期間中のもの
  • 禁固以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、またはその刑の執行を受けることがなくなった日から5年経過しない者
  • 建設業法若しくは一定の法令に違反し、罰金以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、またはその刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者

もちろん、許可が出た後にこれら事由に該当すれば、許可は取り消されます。

例えば、罰金刑以上をピックアップして説明しますが、

法人で申請していた場合、社長だけでなく、役員のになっている者も「傷害罪」「交通事故でも思い刑罰の業務上過失致傷罪」「横領罪」「恐喝罪」などの罰金刑以上の刑罰を受けていると、欠格事由に該当し、許可は出ないのはもちろんで、許可が出たとしても、その後欠格事由に該当すれば許可は取り消されます。(⇒建設業許可の違反と罰則

 

大阪で建設業許可の取得代行を依頼する

いかがだったでしょうか?建設業許可要件の欠格要件と誠実性についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、建設業許可の取得代行はもちろん、決算変更届や変更届などの各種手続きをフルサポートさせていただいております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

建設業許可の取得代行、各種手続きは当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

 

関連記事



スポンサーリンク





建設業許可ならアカツキ法務事務所へ
他の事務所が難しくて嫌がるような案件でもあきらめないで当事務所にご相談ください。
建設業許可を専門に活動をしている私だからこそできる的確なアドバイスがあります!!


2 件のコメント

  • 会社の役員なのですが、事故を起こして禁固以上の刑に処せられました。
    許可は取消されますか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。