会社設立後にする青色申告の届出【メリットあり】

青色申告の届出(青色申告承認申請書)には提出期限があります。

提出期限は会社設立後3ヶ月以内と決められており、青色申告の利益が教授できなくなってしまいます。

では、この青色申告の利益とは何なのでしょうか?ここでは青色申告について解説していきます。解説は大阪で会社設立を専門としている行政書士がします。

会社設立後に青色申告するメリットとは!?

確定申告には「青色申告」と「白色申告」の2種類があります。

この2つの申告方法の違いを理解しているかどうかで納める税金の額が大きく変わってきます。

青色申告は、複式簿記を用いて帳簿を記載するもので白色申告よりも難しくなっていますが、その分税制の優遇が受けれるようになっています。

それら税制の優遇とは、下記のものが挙げられます。

  • 赤字の繰越控除ができる
  • 赤字が出た時に還付がもらえる
  • 30万円以下の固定資産は一括で経費にできる

それではこれらのメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

赤字の繰越控除ができる

青色申告のメリットは何といっても欠損金の繰越控除です。

欠損金とは、赤字になった金額のことをいいます。

欠損金の繰越控除とは、赤字を翌年以降発生する黒字と相殺できる制度です。

 

赤字が出た時に還付がもらえる

さらに、欠損金の繰り戻し還付があります。

この制度は、資本金1憶円以下の中小企業のみの適用になります。

欠損金の繰越控除とは逆で、黒字で法人税を支払った年の翌年に赤字となった場合、その赤字を前期に繰り戻して法人税を還付できる制度です。

繰り戻しできる期間は前年度の1年間のみとなります。(⇒赤字だと税金はどうなる?

 

30万円以下の固定資産は一括で経費にできる

会計のルールでは10万円以上の物品は一括で経費にできないことになっています。

その為、10万円以上の固定資産は年数で分割して経費計上しなくてはなりませんが、30万円未満の固定資産を即時費用化にできるようになります。

 

青色申告のデメリット

法人の青色申告でのデメリットは無いに等しいと言ってもいいと思います。

白色申告法人であれば簡易的な記帳が認められますが、ほとんどの法人の記帳はパソコンで行われるため、白色申告と青色申告の事務負担に実質的な差異はほとんどありません。

 

青色申告の手続きはいつまでにやる!?

青色申告の届出(青色申告承認申請書)の提出期限は3ヶ月以内です。

提出期限を過ぎてしまうと、上記のメリットを享受できなくなりますのでご注意ください。

 

期限を(会社設立後3ヶ月)を過ぎてしまったら

では、会社設立後3ヶ月以内に青色申告の届出(青色申告承認申請書)を出し忘れたらどうなるのでしょうか?

その場合は1期目の確定申告は白色申告で行わなければなりません。

翌年から青色申告を受けるためには、一期目が終わるまでに青色申告の届出を出すようにしましょう。

 

青色申告の承認申請書とは

青色申告の届出書(青色申告承認申請書)は税務署で手に入れることができます。

また国税庁のサイトからも印刷することが可能です。

青色申告の承認申請書とは

これに必要事項を記入して、管轄の税務署に提出しに行きましょう。

また郵送での送付も受け付けています。

 

大阪で会社設立の代行を依頼する

いかがだったでしょうか?以上が会社設立後にする青色申告の届出の解説でした。

アカツキ法務事務所では、会社設立はもちろん、その後のアフターフォローや、営業に必要な許認可、外国人の就労ビザの取得代行などフルサポート体制をとっております。

当事務所の担当者が無料出張相談や行政庁でのやりとりをさせていただきますので、ご依頼者様が直接行政庁に足を運ぶ必要はなく、ご好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒当事務所に依頼するメリット

会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!
会社設立+許認可は行政書士だからこそできる最大のメリットです。全ての手続きをワンストップでできるので費用も抑えられます。