会社設立にかかる費用【社会保険】

会社設立後、社会保険に加入しなくてはなりません。本記事では、この社会保険加入の費用について解説していきます。解説は会社設立を専門としている行政書士がします。

会社設立にかかる費用「社会保険」

会社設立後、社会保険に加入しなければなりません。

この社会保険に加入すれば当然のごとく保険料を支払わなければなりません。

この保険料は、30万円の給与に対し89,000円程必要になります。

社会保険料は、結構大きい金額となりますので、会社をしっかり運営していくためには深い知識が必要です。

 

社会保険とは

社会保険とは主に下記4種の保険のことをいいます。

・健康保険
・厚生年金保険
・雇用保険
・労災保険

健康保険

健康保険とは、ケガや病気、出産、死亡に対する保障制度です。こうした事柄が生じた時にかかる費用の一部が負担されたり支給されたりするものです。(⇒健康保険の詳細

厚生年金保険

厚生年金保険とは、老後の生活、障害、死亡に対する保障制度です。(⇒厚生年金保険の詳細

雇用保険

雇用保険とは、従業員の雇用の安定や促進を目的として作られた公的な保険制度です。(⇒雇用保険の詳細

労災保険

労災保険とは、仕事中や通勤中の事故、または災害でケガや病気になった場合などに保障を受ける制度となります。(⇒労災保険の詳細

 

社会保険料は29%

以下、従業員が39歳以下で月給が30万円の場合の社会保険料です。

健康保険(折半)10.19%、厚生年金(折半)18.3%、雇用保険(社員)0.3%(会社)0.6%、労災保険(業種により変わる)0.3%で計算しています。

全てあわせると、会社側の負担が社員の給与に対して約29%ほどありますので、把握しておきましょう。

社員負担 会社負担 合計
健康保険 15,285円 15,285円 30,570円
厚生年金 27,450円 27,450円 54,900円
雇用保険 900円 1,800円 2,700円
労災保険 900円 900円

 

大阪で会社設立の代行を依頼する

いかがだったでしょうか?会社設立に社会保険の費用についての解説でした。(⇒会社設立の費用ガイドに戻る

アカツキ法務事務所では、会社設立はもちろん、その後のアフターフォローや、営業に必要な許認可、外国人の就労ビザの取得代行などフルサポート体制をとっております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

スポンサーリンク





会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!会社設立+許認可は行政書士だからこそできる最大のメリットです。全ての手続きをワンストップでできるので費用も抑えられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。