会社設立日を吉日にする【縁起の良い日】

多くの企業が会社を立ち上げる際に、会社設立日を吉日にします。本記事では会社設立日に良い吉日について解説していきます。解説は会社設立を専門としている行政書士がします。

定番の吉日「六曜」

会社設立日=縁起の良い日で最も、多くの企業が取り入れているのが六曜です。

六曜での考え方で、日本人に馴染みが深いのが「日取り」です。

おめでたいことや明るい前途を願うことは、六曜の中でも大安、友引、先勝(赤口は正午のみ吉)が選ばれやすくなっています。

六曜には、大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅があります。

大安

「大いに安し」の意味で、六曜の中では「万事吉で成功する日」とされており、結婚式や結納など慶事を行うことが多いです。

友引

現在は「凶事に友を引く」「凶禍が友に及ぶ」の意味がありますが、昔は「共引」、つまり勝負事は全て引き分けになる日」という意味でした。
葬儀を行うと友が死の世界へ引き寄せられるという迷信は字面からのこじつけですが、信じる人が多いことから火葬場が休日とされている地域が多いです。
慶事は「幸せのお裾分け」と解釈して結婚披露宴の引出物を発送する人もいます。
ただし、慶事において、昼前後11時から13時の間は凶とされているので、気にする場合はその時間帯を避けて結婚式を行う人もいます。

先勝

「先んずれば即ち勝つ」の意味で、急ぐことが吉とされています。
具体的には、午前中に物事を行うのは吉(午後二時から六時までは凶)、結婚式については午前中に式を開始すれば午後まで差し掛かっても問題ないとされています。

先負

「先んずれば即ち負ける」の意味で、午後に物事を行うのが吉(午前中は凶)とされています。
何事も控えめにして平静を保つべき日であり、勝負事や急用を避けるべき日とされています。

赤口

陰陽道の「赤舌日」という凶日が由来で、午の刻(午前11時から午後1時まで)だけ吉で、それ以外は凶で、特に慶事には「大凶」といわれています。
この午の刻だけ吉というのは、赤口の赤が「強い太陽」であり昼を意味し、この太陽の気が口先だけ出るのが「赤口」ということからです。
また、「赤」が血を連想させるため、刃物を持つ仕事の人には注意すべき日とされています。
ちなみに、法事を行うのは問題ありません。

仏滅

「仏も滅するような大凶日」の意味で、六曜の中で最も凶の日とされており、結婚式などの慶事を敬遠する習慣があります。
終日凶とするのが通説となっていますが、午後は縁起が良いとする説もあります。
葬式や法事は行っても問題ありません。

 

末広がりの吉日「8」のつく日

縁起が良いと言われる、「8」のつく日を会社設立日にするという方法もあります。

「8」は漢字で「八」と書き、下に広がっているので「末広がり」を意味します。

末広がりの意味は、上から下に向かって広がる、永遠に発展する、です。

ここでいう下とは、下方ではなく、未来・将来といった「現在よりも先」を表しています。

そして、下を末と表現したのが末広がりとなるのです。

 

日の干支の吉日「寅の日」

「日の干支」から寅の日(とらのひ)も多くの企業が会社設立日にする吉日です。

寅の日はあらゆる吉日の中でも金運の強い日であり、かつ、十二日おきに巡ってくるために「会社設立日」として選ばれやすい日となっています。

寅の強そうでゴージャスな外観と「千里を駆けて千里を戻る」という古くからの言い伝えなども「寅の日」が選ばれる理由です。

 

暦上の最高の吉日「天赦日」

天赦日(てんしゃにち)とは、四季に1日ずつある「天がすべてを赦す日」です。

何事をやるにも良い日で暦上でも最高の吉日と言われています。

天赦日は季節と日の干支で決まり、1年間に5回または6回あります。

 

他の吉日と組み合わせる「一粒万倍日」

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は、ひと粒の籾(もみ)が1万粒の稲穂に実ることから、何かを始めるには縁起の良い吉日として好まれてきました。

「手元にあるわずかな物で始めた事が何倍にも膨らむ」とされ、新しい物事をスタートするには吉日です。

この吉日は月に4~7回あるので、「大安」や「寅の日」「天赦日」など他の吉日と組み合う事も多いのが特徴です。

 

その他会社設立日の決め方のポイント

その他会社設立日の決め方のポイントとして、「節税に効果がある日に決める」「後々営業のネタになる日に決める」などが挙げられます。

会社設立日は営業開始日とは異なり、ある一定の制限が入るため自由に決めることが難しいこともあります。(⇒会社設立日と営業開始日の違い

そのため、これらその他の会社設立日を決めるポイントを参考にするのも一つの手かと思います。

何事もスタートが肝心です。

自分のモチベーションを高めるためにも、納得のいく会社のスタート日が決まればいいですね。

 

大阪で会社設立の代行を依頼する

いかがだったでしょうか?会社設立日を吉日にする、についての解説でした。(⇒会社設立の事前知識ガイドに戻る

アカツキ法務事務所では、会社設立はもちろん、その後のアフターフォローや、営業に必要な許認可、外国人の就労ビザの取得代行などフルサポート体制をとっております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

スポンサーリンク





会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!会社設立+許認可は行政書士だからこそできる最大のメリットです。全ての手続きをワンストップでできるので費用も抑えられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。