会社設立で失敗しない会社名(商号)の決め方【最適な方法】

会社名というのは会社の顔というべきものです。本記事では会社設立で失敗しない会社名(商号)の決め方について、解説していきます。解説は会社設立を専門としている行政書士がします。

会社名(商号)を決めるタイミングは定款作成時

定款は会社設立の際に必ず定めなければならないもので、いわゆる会社のルールブックのようなものです。

この定款で重要になってくるのは、会社名(商号)と事業目的です。(⇒事業目的の決め方

この2つは会社の顔ともいうべきもので、会社のイメージが決まるものでもあります。

また、会社名(商号)は会社を設立する際(登記)も必ず必要になりますので、定款の作成時には決めておかなければなりません。

本記事では、会社設立を専門としている行政書士が、会社設立で失敗しない会社名(商号)の決め方について解説していきます。

 

会社設立で失敗しない会社名(商号)の決め方

「会社の名前」は、会社のイメージを決める大切なものです。

正式には「商号」といい、この商号は一度決めたら、そう簡単に変更することはできません。

  • 何をしている会社なのか
  • どういうポリシーの会社なのか
  • 社名の由来はなんなのか

など、一目でわかり、良いイメージのものが理想となります。

もし、嫌悪感を抱いたり、全く関連性のないサービスをする会社を連想してしまう社名だとしたら、ビジネス上でプラスになることはありません。

そういったことにならないように、会社のイメージ重視で決めることが重要です。

また、その他にホームページのドメインや会社名の英語表記のことも念頭にいれながら決めれればベストとなります。(⇒「株式会社」を英語表記する

 

会社名(社名)にはルールがある

会社名をつけるにはルールがあります。

逆に言えば、このルールを守っていれば、自由につけることができます。

  • 使用できない文字がある
  • 会社の種類を入れる
  • 特定の語句や名称は使用できない
  • 同一住所で同一商号は使用できない

 

使用できない文字がある

使用できる文字には制限があります。

使える文字は、漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字、アラビア数字となります。

&(アンパサンド)、‘(アポストロフィ)、,(コンマ)、-(ハイフン)、.(ピリオド)、・(中点)などの符号は字句を区切る際に限り、商号の先頭あるいは末尾に使用することは原則不可です。

また、「☆」、「♪」、「!」、「#」などの特殊文字は使用が認められていません。

 

会社の種類を入れる

会社の種類とは、「株式会社」や「合同会社」などです。

株式会社であれば、商号の先頭か末尾に「株式会社」という漢字を必ず入れなければなりません。

 

特定の語句や名称は使用できない

「支店」「支社」「出張所」「事業部」など会社組織の一部を示す文字は使用できません。

国などの公的機関や銀行、生命保険の会社と誤認されるような名称も法律で禁止されており、犯罪に関連する語句やわいせつな言葉も使用できません。

 

同一住所で同一商号は使用できない

同じ住所に同じ会社名では登記できません。

同じ住所に同じ会社名の会社が複数と、考えにくいかもしれませんが、結構身近に起こりうる問題だと認識しておきましょう。

昨今ではバーチャルオフィスでの会社設立は年々増加してきています。

バーチャルオフィスは安価な価格で利用する人も多いので、それだけ会社名が被る確率が高くなってきます。

もしもバーチャルオフィスで会社設立を考えているようでしたら、先に提供会社に同一の商号がないか問い合わせてみましょう。

 

大阪で会社設立の代行を依頼する

いかがだったでしょうか?会社名(商号)の決め方についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、会社設立はもちろん、その後のアフターフォローや、営業に必要な許認可、外国人の就労ビザの取得代行などフルサポート体制をとっております。

当事務所の担当者が無料出張相談や行政庁でのやりとりをさせていただきますので、ご依頼者様が直接行政庁に足を運ぶ必要はなく、ご好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒当事務所に依頼するメリット

会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!
会社設立+許認可は行政書士だからこそできる最大のメリットです。全ての手続きをワンストップでできるので費用も抑えられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。