合同会社の意思決定【会社設立の基礎知識】

株式会社とは異なり、意思決定の方法が自由なのは合同会社の特徴です。

本記事では合同会社の意思決定について解説していきます。

合同会社の意思決定

合同会社は、定款で定めなければ全員が会社の代表となります。(⇒合同会社の代表社員とは

複数の出資者で合同会社を設立した場合は、原則としてその合同会社の運営に関する意思決定は、全出資者の過半数の同意によって行われます。

また、業務執行社員を定めた場合は、業務執行社員の過半数の同意で意思決定することになります。

これら、意思決定は定款により、過半数ではなく多数決といった簡単な仕組みにしたり、逆に3分の2以上の同意が必要と難しくしたりもできます。

合同会社の意思決定は、自由度が高く、会社の運営方法により変更できるのが特徴となります。

 

合同会社の利益の分配

合同会社の魅力として、意思決定の早さや機関設計の簡単さの他に、利益の分配率を自由に変更できるなどが挙げられます。

株式会社の場合、出資した株式に合せて配当を受ける仕組みになっているので、出資金が大きいほど見返りが大きくなっています。

しかし、合同会社の場合は、定款に定めることによって、出資額の大きさ関係なしに分配率を決めることができます。

また、通常1年間の事業年度が終了した段階で、利益の分配を行いますが、定款で定めることによって、このタイミングで話合いによって決めることもできます。

 

意思決定の早さを活かす

合同会社設立の場合はスモールビジネスが中心になることと思います。

合同会社の多くは、社員1名のみの一人代表合同会社です。

合同会社の魅力は意思決定の早さにあるので、無理に社員を増やして株式会社のようにする必要はありません。

社員が増えれば、合同会社の魅力の一つといえる意思決定の早さが活かしきれず、合同会社にする必要がなくなるからです。

また、合同会社の魅力を活かせる最適な機関設計も重要となるので、これらもふまえて構築していくことが大切です。

 

大阪で開業・起業支援サポートを依頼する

いかがだったでしょうか?合同会社の意思決定についての解説でした。(⇒合同会社(LLC)設立ガイドに戻る

アカツキ法務事務所では、会社設立や創業融資サポートなどの起業支援、営業に必要な許認可や外国人の就労ビザの取得代行など行っております。

また、他士業の専門業務に関しましても広く提携を結び、サービスを提供させていただいております。

ご依頼・ご相談に関しまして、お気軽にお問い合わせください。(⇒お問い合わせする

 

関連記事



スポンサーリンク





会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立など起業支援から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!全ての手続きをワンストップで行えば費用も抑えられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。