ネット銀行への資本金払込み【通帳がない】

会社設立する際に、資本金の払込みが必要となります。払込み先はネット銀行でも可能となっていますが、提出する書類が異なってきます。本記事では、ネット銀行への払込みについて解説していきます。解説は法人設立を専門としている行政書士がします。

ネット銀行への資本金払込み

ネットバンクでは通帳のペーパーレス化を図り、基本的に通帳は発行されません。

設立登記する際の添付書類である「出資金の払込証明書」で、通帳のコピーが必要になるのですが、現在は法務局もこのペーパーレス化に対応できるようになっています。

そのため、通帳がないネットバンクに資本金の払込みをしても、問題はありません。

 

ネット銀行の出資金の払込証明書

従来の通帳がある銀行に、資本金の払込みをした場合、その通帳のコピーが払込み証明書になっていました。

ネットバンクでは、これに代わる書類として、以下の情報が記載されたページをプリントアウトすれば「出資金の払込証明書」とすることができます。

・金融機関の名称
・口座の名義人
・出資金の払込日
・払込金額

 

出資金を払込むタイミング

出資金を払込むタイミングは、定款認証が終わってから行います。

定款の認証をする前に払込んでしまうと、資本金とは無関係の払込みと判断される場合もあり、払込みのやり直しを求められることもあるからです。

 

大阪で会社設立の代行を依頼する

いかがだったでしょうか?ネット銀行への資本金払込みについての解説でした。(⇒会社設立の資本金ガイドに戻る

アカツキ法務事務所では、会社設立はもちろん、その後のアフターフォローや、営業に必要な許認可、外国人の就労ビザの取得代行などフルサポート体制をとっております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

スポンサーリンク





会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!会社設立+許認可は行政書士だからこそできる最大のメリットです。全ての手続きをワンストップでできるので費用も抑えられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。