赤字だと会社の税金はどうなる?【大阪で会社設立する】

もし、会社が赤字になったらどうなるのか、そんな事を考えたことはないでしょうか?

結論からいうと赤字だったとしても納めなければならない税金があるのです。

「赤字だから払うお金がない」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、それでも払わないといけない税金があります。

ここでは赤字でも払わないといけない税金についてくわしく解説していきます。解説は大阪で会社設立を専門としている行政書士がします。

赤字でも払わないといけない税金とは?

会社が赤字でも払わないといけない税金とは、以下の2つになります。

  • 法人住民税
  • 消費税

 

赤字でも払わないといけない法人住民税

法人住民税とは、事業所がある自治体に納税する地方税で、「法人都道府県民税」と「法人市町村民税」の2つを合わせた税金のことをいいます。

法人に住民税が課されているのは、法人も自治体の公的サービスを利用していると考えられるからです。

そのため、事業所が複数の自治体にある場合は、各自治体に納税します。

法人住民税には「法人税割」と「均等割」がありますが、赤字でも払わないといけないのが「均等割」で定額で7万円となります。

なお、「法人税割」は会社の所得に応じて課せられる税金となります。

 

赤字でも払わないといけない消費税

消費税とは、消費者が支払った税金を事業者が納税する間接税です。

ただし、すべての事業者に納税義務があるわけではありません。

前々年の課税売上高が1000万円以下の事業者は、原則として消費税が免除されます。

 

赤字だった場合の4つの税金対策

次に、赤字だった場合に以下4つの税金対策について詳しく解説していきます。

  • 会社設立後は「青色申告」の届出を出そう
  • 赤字になれば、法人税が返ってくる?
  • 還付される金額
  • 還付請求までの期間

 

1.会社設立後は「青色申告」の届出を出そう

もし、会社設立後の売上が赤字になりそうであれば「青色申告の承認申請書」という届出を出しておきましょう。

青色申告とは税務署に申告をするときの方法の一つで、他に白色申告があります。

白色申告は、青色申告のように、たいした税制の優遇がありません。

青色申告した場合、にうけられる代表的な税金対策は、「赤字の繰越」です。

この赤字の繰越しは最大で9年間繰越すことが黒字と相殺することができます。

また、その他に「法人税の還付」というものがあります。(⇒青色申告のメリット

 

2.赤字になれば、法人税が返ってくる?

これまでは黒字経営が続いていたものの、何かアクシデントにより今期は赤字になってしまった。

その場合、青色申告を行う資本金1億円以下の中小企業等は、前期の法人税の一部を還付できる制度があります。

 

3.還付される金額

(還付される金額)=(前事業年度の法人税額)×(当事業年度の欠損金額)÷(前事業年度の所得金額)

(例)前期の所得[黒字]が500万円、当期の欠損[赤字]が300万円の場合

  • 前期に納めた法人税額=所得500万円×税率15%=75万円
  • 還付請求出来る金額=75万円×欠損300万円÷所得500万円=45万円

 

4.還付請求までの期間

還付を請求するためには、当事業年度の法人税確定申告書の申告期限までに還付請求書を税務署に提出する必要があります。

また法人税確定申告書にも所定の別表を添付する必要があり、期限内に申告しなければ適用を受けることが出来ません。

 

大阪で会社設立の代行を依頼する

いかがだったでしょうか?以上が赤字だと会社の税金はどうなる?の解説でした。

アカツキ法務事務所では、会社設立はもちろん、その後のアフターフォローや、営業に必要な許認可、外国人の就労ビザの取得代行などフルサポート体制をとっております。

当事務所の担当者が無料出張相談や行政庁でのやりとりをさせていただきますので、ご依頼者様が直接行政庁に足を運ぶ必要はなく、ご好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒当事務所に依頼するメリット

会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!
会社設立+許認可は行政書士だからこそできる最大のメリットです。全ての手続きをワンストップでできるので費用も抑えられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。