会社の事業年度の決め方【定款の作成】

会社設立する際、会社の事業年度を記載しなければなりません。本記事では、この事業年度の決め方についてまとめ解説していきます。解説は法人設立を専門としている行政書士がします。

会社の事業年度とは

会社を設立する際、事業年度を決めなくてはいけません。

事業年度とは、会計のため事業活動を区切った期間のことをいい、会社はこの期間をもとに決算を行います。

会社設立の際は、1年以内であれば自由に事業年度を決めることができますので、節税効果や繁忙期などを考慮して決めましょう。

また、事業年度は任意的記載事項であり、定款に記載するかどうかは自由に決めることができます。

 

事業年度を決めるポイント

事業年度を決めるポイントとして以下のことが挙げられます。

・節税効果を狙う
・繁忙期を避ける

節税効果を狙う

事業年度(決算日)により、消費税の免除額が変わります。

そのため、より節税効果を狙える事業年度にしましょう。(⇒節税効果が狙える決算日の決め方

繁忙期を避ける

決算期は、会社が存続する限り必ず毎年やってきます。

繁忙期を決算期にしていると、毎年忙しい中で確定申告の準備をしなくてはいけません。

また税理士と契約をしている場合は、その税理士の繁忙期を避けるのもポイントとなります。

 

大阪で会社設立の代行を依頼する

いかがだったでしょうか?定款作成における事業年度の決め方についての解説でした。(⇒定款作成ガイドに戻る

アカツキ法務事務所では、会社設立はもちろん、その後のアフターフォローや、営業に必要な許認可、外国人の就労ビザの取得代行などフルサポート体制をとっております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

スポンサーリンク





会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!会社設立+許認可は行政書士だからこそできる最大のメリットです。全ての手続きをワンストップでできるので費用も抑えられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。