会社設立に必要な印鑑【設立手続き】

事業を行う上で欠かせない印鑑には4種類あります。本記事ではこれら会社の印鑑について解説していきます。解説は法人設立を専門としている行政書士がします。

会社設立で必要な印鑑

会社設立時に必要になる代表者印(法人)の他、後々事業で必要になる3種類の印鑑が下記になります。

これらの印鑑は、二度手間にならないために代表者印を作るタイミングで一緒に作成します。

・代表者印
・銀行印
・角印
・ゴム印
代表者印
[契約書や税務申告書などの法的文書に使います。]

登記する際に必要になる印鑑。1cm超3cm以内の正方形に収まる大きさにします。印鑑登録を行う、会社の正式な印鑑です。

銀行印
[口座の開設、預金の出し入れや小切手の振り出しに使います。]

会社用の銀行に届け出る印鑑です。法人実印より一回り小さいサイズで作成することが推奨されています。

角印
[請求書や注文書、領収書などに使います。]

領収書や請求書、見積書などの実務に使われる印鑑。 会社実印よりも大きなサイズで作成することが一般的です。

ゴム印
[会社名、所在地など知らせるため署名の代わりに書類に使います。]

各契約書で会社の情報や署名を書く手間を省く目的の印鑑です。ゴム印は郵便番号・住所・電話番号などと組み合わせて使えるタイプのものがあるので、状況にあわせて必要な項目だけで押印できるのが特徴です。

 

印鑑セットで購入

会社設立で必要な印鑑を作成するときは、法人印セットとで購入すれば非常に楽です。

また、あまり安すぎるものは品質が悪いためおすすめしません。

印鑑セットは、手ごろな値段でamazonで購入することができます。

法人印セット(⇒amazonで見る

 

印鑑証明書の取得方法

法人の印鑑証明書の取得は、法務局で印鑑の登録をすることから始まります。

会社の設立登記が完了したら、印鑑届書と実印を用意し、法務局に提出することで登録できます。

また、印鑑証明書の交付してもらうには、印鑑カードを作る必要があります。

印鑑カードは印鑑カード交付申請書を提出すればその場で発行されるので、続いてその印鑑カードを使って、印鑑証明書を取得することになります。

 

大阪で会社設立の代行を依頼する

いかがだったでしょうか?会社設立に必要な印鑑についての解説でした。(⇒会社設立の手続きガイドに戻る

アカツキ法務事務所では、会社設立はもちろん、その後のアフターフォローや、営業に必要な許認可、外国人の就労ビザの取得代行などフルサポート体制をとっております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

スポンサーリンク





会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!会社設立+許認可は行政書士だからこそできる最大のメリットです。全ての手続きをワンストップでできるので費用も抑えられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。