合同会社の英語表記【会社設立の基礎知識】

スポンサーリンク

合同会社の英語表記は「LLC」「G.K.」となります。本記事では合同会社の英語表記について解説していきます。解説は会社設立を専門としている行政書士がします。

英語表記の意味とは

「LLC」「G.K.」「Inc.」はそれぞれ略語になり、それぞれの意味は次になります。

LLC Limited=制限された
Liability=責任
Company=会社
GK Goudou Kaisha=合同会社
Inc. Incorporated=法人企業
LLC

合同会社は、米国各州の州法で認められるLLCをモデルに導入されたもので、、日本版LLCともいわれています。

Universal Music LLC ユニバーサルミュージック合同会社
Coach Japan LLC コーチジャパン合同会社
Fuji TV-lab,LLC フジテレビラボLLC合同会社

GK

株式会社が”Kabushiki Kaisya”から、K.K.と表記されるように、合同会社も”Goudou Kaisha”からG.K.と表記されます。

Seiyu G.K.合同会社西友
Amazon Japan G.K. アマゾンジャパン合同会社

Inc.

Inc.は「Incorporated」の略で、「法人企業」を意味します。 株式会社のInc.と区別をせずに合同会社も法人企業なので「Inc.」を使う会社も多くあります。(⇒株式会社の英語表記

Apple Japan, Inc. Apple Japan合同会社

 

英語表記で会社設立(登記)できる?

日本では合同会社の場合、法律で合同会社〇〇と絶対に合同会社と入れて登記をしなくてなりません。

そのため、〇〇LLCや○○G.K.と登記することはできないので、全てを英語表記にすることはできません。

しかし、屋号としてなら○○LLC合同会社や合同会社G.K.のように会社設立(登記)することができます。(⇒失敗しない会社名の決め方

 

英語表記の必要性

グローバル社会となった今では、ほとんどの会社が海外との関係があるかと思います。

英語表記の方法をきちんと定めている会社では、翻訳会社に何か翻訳を頼んだ場合は、その表記方法に従って翻訳を行えばよいです。

しかし、中には、英文表記の方法を決めておらず、聞かれてからバタバタ検討を行い始める会社も多々あります。

いつ英文表記の正式な社名が必要になるかわかりませんので、早めに決めておくことをおすすめします。

 

大阪で合同会社設立の代行を依頼する

いかがだったでしょうか?合同会社の英語表記の解説でした。

アカツキ法務事務所では、会社設立はもちろん、その後のアフターフォローや、営業に必要な許認可、外国人の就労ビザの取得代行などフルサポート体制をとっております。

当事務所の担当者が無料出張相談や行政庁でのやりとりをさせていただきますので、ご依頼者様が直接行政庁に足を運ぶ必要はなく、ご好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒当事務所に依頼するメリット

スポンサーリンク





会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!会社設立+許認可は行政書士だからこそできる最大のメリットです。全ての手続きをワンストップでできるので費用も抑えられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。