ひとり起業に最適【合同会社設立】

スポンサーリンク

合同会社は法的な義務や規制も少なく、非常に使い勝手がよく、小回りが利く会社形態です。本記事ではひとり起業に最適な合同会社について解説していきます。解説は会社設立を専門としている行政書士がします。

合同会社はひとり起業に最適

合同会社は、株式会社と比較して手続きが簡単で、費用が低額で済むので、ひとり起業には極めてハードルが低い会社形態となります。(⇒合同会社の費用

はじめは個人事業主からはじめる人も多いのですが、合同会社からはじめる人も決して少なくはありません。

その理由として、下記の事柄が挙げられます。

・株式会社は費用も高額で雇用の予定もない

・信用面のことを考え、法人設立する

・取引先からの要望で会社組織にする

 

合同会社は身動きがとりやすい

合同会社は会社形態として身動きがとりやすいのも特徴の一つだと言えます。

株式会社の場合は、株主や役員がひとりの場合でも株主総会が必要になります。

また、株主と役員が異なる場合は、それぞれの意思決定が必要になり、書類作成や手続きも煩わしくなります。

しかし、合同会社の場合は、出資する社員と業務執行を行う社員が同一のため、社員が一人の場合は実質自由に意思決定が可能となります。

定款など書類に関しましても、株式会社に比べると質も量も少なくてすみますので、その分労力と費用はかかりません。

合同会社は会社といえども個人事業なみに小回りが利きます。(⇒合同会社設立のメリットとデメリット

 

スモールひとり起業にうってつけ

合同会社はスモールひとり起業するのにうってつけです。

当事務所は、例えばこういった方々に合同会社設立をお勧めしています。

・法人をつくりたいができるだけ費用を抑えたい

・ただ単に法人格は必要

・個人事業主かた法人化して節税効果を求める

・拡大志向ではない会社経営

個人事業主と株式会社のデメリットを、合同会社のメリットとして最大限に生かせれる目的の方に、合同会社はうってつけということになるのです。

 

大阪で合同会社設立の代行を依頼する

いかがだったでしょうか?ひとり起業に最適な合同会社についての解説でした。

アカツキ法務事務所では、会社設立はもちろん、その後のアフターフォローや、営業に必要な許認可、外国人の就労ビザの取得代行などフルサポート体制をとっております。

当事務所の担当者が無料出張相談や行政庁でのやりとりをさせていただきますので、ご依頼者様が直接行政庁に足を運ぶ必要はなく、ご好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒当事務所に依頼するメリット

スポンサーリンク





会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!会社設立+許認可は行政書士だからこそできる最大のメリットです。全ての手続きをワンストップでできるので費用も抑えられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。