法人化(会社設立)するメリット【事前知識】

法人化(会社設立)するメリットはさまざまあります。本記事では、この法人化(会社設立)するメリットについて解説していきます。解説は法人設立をを専門としている行政書士がします。

法人化(会社設立)するメリット

法人化するメリットについては下記の事柄が挙げられます。

  • 個人事業主よりも法人の方が信頼度が高い。信頼度が高ければ、取引先や融資先など様々な加護を受けれます。
  • 節税しやすくなる。個人では認められなかった経費が法人とすることで認められ、節税対策の幅が広がります。
  • 個人事業主より、法人のほ方が優秀な人材が集まりやすい。外国人労働者も法人の方が雇用しやすくなります。
対外的信頼度が高くなる

会社設立をすれば対外的な信頼度を得られます。

特に大手企業などは、実績があっても個人事業主へ仕事を発注しない会社もあります。

発注先を会社か個人かとなると、会社の方が信用面で明らかに有利です。

また、金融機関からの融資も受けやすくなります。

資金が必要なとき、金融機関などからの融資交渉では、個人事業主は融資条件が会社組織よりも、そうしても厳しくなります。

節税対策の幅が広がる

法人税は利益が増えても、原則一定税率なのに対し、個人事業主では所得が増えるほど税率が高くなる累進税率で課税されます。

そのため、売上が大きい場合は、法人税が有利になります。

その他にも、会社組織にした方が経費にできる費用が増加して有利となります。

優秀な人材が集まりやすい

世の中の雇用が不安定になっているため、安定的な雇用を求める人が増加しています。

そのため、個人事業主の下で働くより会社の正社員として働きたいと思っている求職者が大半です。

外国人労働者を含め、優秀な人材が個人事業主のところへ応募してくる機会は少ないです。

 

法人化(会社設立)するデメリット

法人化(会社設立)するデメリットについては下記の事柄が挙げられます。

  • 社会保険料がかかる。従業員の社会保険は半分負担です。
  • 法人税の均等割りで赤字であっても7万円を納めなければなりません。
  • 源泉徴収や各種手続きなど必要な手続きが多く面倒である。

メリットがある一方でデメリッも存在します。

ランニングコスト面でのデメリットがどうしても目立ってしまいます。

会社設立後の維持費については、次の記事で詳しく解説していますので、こちらの記事を確認してから計画を立ててみましょう。(⇒会社設立後にかかる維持費

 

合同会社(LLC)の検討

合同会社(LLC)は、特にフリーランスや個人事業主で小さな会社の設立を考えている人に、大変人気があります。(⇒合同会社のメリットの詳細

合同会社設立のメリットとして、以下のものが挙げられます。

  • 設立費用が株式会社より安価である
  • 設立手続きが株式会社より簡単である
  • 役員の任期がない
  • 出資金の比率によらず、利益の配分ができる

もし、小さな会社でいいようでしたら、コスト面でも利点がある合同会社はお勧めです。

 

大阪で会社設立の代行を依頼する

いかがだったでしょうか?法人化するメリットとデメリットの解説でした。(⇒会社設立の事前知識ガイドに戻る

アカツキ法務事務所では、会社設立はもちろん、その後のアフターフォローや、営業に必要な許認可、外国人の就労ビザの取得代行などフルサポート体制をとっております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

スポンサーリンク





会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!会社設立+許認可は行政書士だからこそできる最大のメリットです。全ての手続きをワンストップでできるので費用も抑えられます。