会社設立の手続きの流れと必要書類とは?【4ステップ】

会社設立の手続きは煩雑で、面倒です。もし準備する書類を間違えてしまうと2度手間になってしまい、貴重な時間を浪費する事にもつながります。本記事では、会社設立をする際に必要な書類と手続きの流れについて解説していきます。解説は会社設立を専門としている行政書士がします。

会社設立の手続きの流れ(4つのステップ)

会社設立の手続きの流れは大まかに4つのステップが必要になります。

ステップはそれぞれ、下記になります。

STEP1.印鑑を作る

STEP2.定款の作成

STEP3.資本金を振り込む

STEP4.登記する(会社の設立)

それではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

STEP1.印鑑を作る

会社設立の手続きの流れ[ステップ1]では、先ず会社設立に必要になる法人印を作ります。

会社を設立するためだけなら、この法人印だけでも大丈夫ですが、後々必要になってくる他3つの印鑑もこのタイミングで作っておきましょう。

  1. 法人印
  2. 銀行印
  3. 角印
  4. ゴム印
1.法人実印(代表者印)

登記する際に必要になる印鑑。1cm超3cm以内の正方形に収まる大きさにします。印鑑登録を行う、会社の正式な印鑑です。

2.銀行印

会社用の銀行に届け出る印鑑です。法人実印より一回り小さいサイズで作成することが推奨されています。

3.角印

領収書や請求書、見積書などの実務に使われる印鑑。 会社実印よりも大きなサイズで作成することが一般的です。

4.ゴム印

各契約書で会社の情報や署名を書く手間を省く目的の印鑑です。ゴム印は郵便番号・住所・電話番号などと組み合わせて使えるタイプのものがあるので、状況にあわせて必要な項目だけで押印できるのが特徴です。

 

STEP2.定款の作成と認証

会社設立の手続きの流れ[ステップ2]では定款の作成と認証をします。

このタイミングで会社名(商号)や会社の目的を決めます。

これらは、後々重要になってきますので、じっくりと決めましょう。(⇒失敗しない会社目の決め方

a.定款の作成

まずは定款を作ります。

定款の内容はテンプレートがあるので、自分が変更したい箇所以外はそれを使うと簡単にできます。

こだわりのある定款を作りたいならばプロに頼みましょう。

定款が作成できたら発起人個人の印鑑で押印・割印をして、3部製本します。

b.定款の認証

定款が出来上がったら、次は公証人役場に行って認証を受けます。

印鑑証明書は印鑑登録をした役場へ行って発行してもらいますので2~3部を発行してもらっておきましょう。

役場で必要な書類・定款 3部
・発起人(出資者)全員の印鑑証明書
・発起人(出資者)の実印
・身分証明書
・公証人へ支払う手数料 5万円
・定款の写し交付手数料 250円×定款のページ数
・収入印紙 4万円分

 

STEP3.資本金を振り込む

定款の認証が終わったら、会社設立の手続きの流れ[ステップ3]として、資本金の振込みをします。

資本金額は後々重要となりますので、今後の会社の展開も考慮して決める必要があります。(⇒資本金額の決め方

資本金の振込み後は、通帳の下記の3か所をコピーしておきます。

  1. 表紙
  2. 通帳の1面(表紙を開いた裏にある住所や名前などが載っている欄)
  3. 通帳の振込みが分かる欄

 

STEP4.登記する(会社の設立)

さて、ここまでできたら最後に会社設立の手続きの流れ[ステップ4]の会社登記をします。

会社設立の登記申請の書類の準備ができたら、いよいよ法務局に行って会社設立の登記申請をします。

a.登記申請の必要書類

株式会社設立の登記申請をする際に必要になる主な書類は下記のとおりです

会社設立登記申請の必要書類
書類名 必要な場合
株式会社設立登記申請書 必ず必要
認証を受けた定款 必ず必要
本店所在地決定書 定款に地番までの記載がない場合
払込証明書 必ず必要
資本金の額の計上に関する証明書 金銭以外での出資がある場合
設立時発行株式に関する発起人の同意書 定款に記載がない場合
設立時取締役選任決議書 定款に記載がない場合
設立時監査役選任決議書 監査役を置く場合で定款に定めない場合
設立時代表取締役選定決議書 場合による
設立時取締役の就任承諾書 場合による
設立時代表取締役の就任承諾書 場合による
設立時監査役の就任承諾書 監査役を置く場合
取締役全員の印鑑証明書 必ず必要
登記すべき事項を記録した磁気ディスク 必ず必要
印鑑届書 必ず必要
b.登記申請書の製本

必要になるすべての書類の作成が終わりましたら、登記申請書の製本作業に入ります。

製本といっても、ホチキスで留めるのと、クリップで留めるだけのものとなります。

c.ホチキスで留める

次の書類について、不要な書類は除いて番号順に重ねて、左側を2ヶ所ホチキスで留めます。

重ねる順番は決まっていますが、多少書類の順番が前後しても受け付けてはもらえます。

心配であれば、ホチキス留めしないで、法務局に申請書類を持って行って、その場で順番を確認してからホチキス留めしてもかまいません。

① 株式会社設立登記申請書
② 収入印紙を貼付した印紙磔台紙
③ 認証を受けた定款
④ 発起人の同意書
⑤ 設立時発行株式に関する発起人の同意書
⑥ 設立時取締役選任決議書
⑦ 設立時監査役選任決議書
⑧ 本店所在地決定書
⑨ 設立時代表取締役選定決議書
⑩ 代表取締役の就任承諾書
⑪ 取締役の就任承諾書
⑫ 監査役の就任承諾書
⑬ 払込証明書
⑭ 資本金の額の計上に関する証明書
⑮ 印鑑証明書

次の書類はホチキス留めをしないので注意してください。

ホチキス留めしない書類
⑯ (OCR用紙)
⑰ 印鑑届書

d.法務局に登記

法務局位登記できたら、会社設立の手続は完了となります。

 

大阪で会社設立の代行を依頼する

いかがだったでしょうか?会社設立の手続きの流れと必要書類の解説でした。

アカツキ法務事務所では、会社設立はもちろん、その後のアフターフォローや、営業に必要な許認可、外国人の就労ビザの取得代行などフルサポート体制をとっております。

当事務所の担当者が無料出張相談や行政庁でのやりとりをさせていただきますので、ご依頼者様が直接行政庁に足を運ぶ必要はなく、ご好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒当事務所に依頼するメリット

会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!
会社設立+許認可は行政書士だからこそできる最大のメリットです。全ての手続きをワンストップでできるので費用も抑えられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。