会社設立の手続きの流れ【完全ガイド】

会社設立の手続きは煩雑で、面倒です。もし準備する書類を間違えてしまうと2度手間になってしまい、貴重な時間を浪費する事にもつながります。本記事では、会社設立をする際に必要な書類と手続きの流れについて解説していきます。解説は会社設立を専門としている行政書士がします。

会社設立の手続きの流れ

会社設立の手続きの流れとして、以下のものが必要になります。

会社の設立までにはさまざまなステップがあります。

そのため事前にスケジュールを組み、具体的な事業を絞り込みながら無駄なく進めていくことが重要なポイントとなります。(⇒会社設立にかかる期間

STEP1.会社の概要を決める

STEP2.定款の作成・認証

STEP3.銀行に出資金を払い込む

STEP4.登記書類の作成・申請

STEP5.会社設立!

STEP6.税務署などへの届出

STEP7.会社の税務

 

STEP1.会社の概要を決める

会社を設立する事前準備として先ず、以下に挙げている会社の概要を決めます。

発起人が事業内容を検討し、会社の設立手続きを開始します。(⇒発起人と発起人会の詳細

・会社の形態を決める(⇒4つの会社形態とは?
・機関設計を行う(⇒機関設計の詳細
・商号や目的を明確にする(⇒商号の決め方)(⇒目的の決め方
・会社の印鑑をつくる(⇒会社の印鑑の詳細
・設立までのスケジュール管理(⇒会社設立にかかる期間
・事業計画書の作成(⇒事業計画書の詳細

会社設立までの手続きと流れ

STEP2.定款の作成・認証

会社設立までの流れ[ステップ2]では定款の作成と認証をします。(⇒定款作成・認証の詳細

このタイミングで商号や目的などの会社の基本ルールを決めます。

定款とは会社のルールブックのようなものです。

ここで決めた会社の基本ルールを定款に定め、法律上有効なものにするため定款の認証を行います。

■定款認証の必要書類

・定款3通(登記申請用、公証人用、会社保管用)
・添付書類

・発起人実印鑑証明書 ・4万円の収入印紙
・代理人申請の場合は委任状(⇒委任状の正しい知識
■許認可が必要な場合

起業する事業が許認可が必要な業種の場合、許認可の要件を具備した定款を作成しなければなりません。(⇒許認可が必要な業種

 

会社設立までの手続きと流れ

STEP3.資本金を振り込む

定款の認証が終われば、次に資本金の振込みをします。

資本金額は後々重要となりますので、今後の会社の展開も考慮して決める必要があります。(⇒資本金額の決め方

資本金の振込み後は、通帳の下記の3か所をコピーしておきます。これが、登記申請で使う添付書類の「出資金の払込証明書」になります。

・表紙
・通帳の1面(表紙を開いた裏にある住所や名前などが載っている欄)
・通帳の振込みが分かる欄

 

会社設立までの手続きと流れ

STEP4.登記する(会社の設立)

登記申請の書類の準備ができたら、いよいよ法務局に行って会社設立の登記申請を行います。

会社の本店所在地を管轄する法務局で手続きをします。

また、この際に合わせて会社の印鑑を届け出るので、このときまでに会社の印鑑をつくっておきます。

■登記の必要書類

・会社の設立登記申請書
・添付書類

・認証を受けた定款 ・登録免許税納付用台紙
・出資金の払込証明書 ・別紙
・印鑑証明書 ・印鑑届書
・就任承諾書 ・発起人の決定書
・資本金の額の計上に関する証明書 ・財産引継書や調査書
・本人確認証明書 ・委任状など
■会社設立日

設立登記を申請した日が、会社設立日となります。
縁起のいい日を選んで、事業をスタートさせましょう。(⇒会社設立日を吉日にする

 

会社設立までの手続きと流れ

STEP5.会社設立!

法務局で、登記が完了すれば会社設立となります。

会社設立後は、法務局で以下の証明書の交付を受けます。

これらの証明書は次の[ステップ6]の税務署などへの届出で必要になります。

・登記事項証明書

・印鑑証明書

国税局の13桁の法人番号

12桁の会社法人番号は会社の登記が終われば発行されますが、13桁の法人番号が国税庁の法人番号検索サイトに表示されるのに2週間ぐらいかかります。
そのため、許認可取得やその他13桁の法人番号が必要になった場合は、チェックデジットで算出しましょう。(⇒法人番号13桁の算出方法
会社設立までの手続きと流れ

STEP6.税務署などへの届出

会社設立後は、税務局などに各種会社設立の届出と社会保険手続きが必要になります。(⇒会社設立後にする届出

届出が必要な官公署は以下となります。

・税務署

・役所

・労働基準監督署

・ハローワーク

・年金事務所

・銀行

 

会社設立までの手続きと流れ

STEP7.会社の税務

いよいよ事実上の会社の運営のスタートです。

会社の運営で特に重要となるのが日々の帳簿付けと給与計算となります。(⇒給与計算の詳細

会社設立後に必ず必要になる帳簿は、以下のものとなりますので必ず記帳するようにしましょう。(⇒会社設立に必要な5つの帳簿の詳細

・現金出納帳
・預金出納帳
・給与台帳
・売掛金台帳
・買掛金台帳

 

大阪で会社設立の代行を依頼する

いかがだったでしょうか?会社設立の手続きの流れと必要書類の解説でした。

アカツキ法務事務所では、会社設立はもちろん、その後のアフターフォローや、営業に必要な許認可、外国人の就労ビザの取得代行などフルサポート体制をとっております。

また、当事務所の担当者が無料出張相談および大阪府への代行申請まで全ておこなっておりますので、ご依頼者が行政庁に足を運ぶ必要はなく、大変好評をいただいております。

大阪で会社設立をしたい方は当事務所におまかせください。(⇒申し込みをする

スポンサーリンク





会社設立ならアカツキ法務事務所へ
中小企業のお悩みは、全てアカツキ法務事務所が解決します。会社設立から許認可、外国人雇用までワンストップでサポートします!会社設立+許認可は行政書士だからこそできる最大のメリットです。全ての手続きをワンストップでできるので費用も抑えられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。